双亡亭壊すべし

藤田和日郎

3.31

5152

発刊:2016.07.12 〜

既刊22巻

『双亡亭壊すべし(1)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(2)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(3)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(4)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(5)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(6)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(7)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(8)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(9)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(10)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(11)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(12)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(13)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(14)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(15)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(16)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(17)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(18)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(19)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(20)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(21)』巻の書影
『双亡亭壊すべし(22)』巻の書影
おおがらすさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

震撼のスペクタクル・モダン・ホラー!! 大正時代より、東京・沼半井町に傲然とそびえ立つ奇怪な屋敷、名を「双亡亭」。 立ち入った先で闇と出会ってしまったら、もはや己は己でなくなるだろう。 遺恨を辿る者達はその門戸へと導かれ、集い、挑む。 おぞましき屋敷を破壊する為に…!!

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...