邪眼は月輪に飛ぶ

藤田和日郎

3.68

2056

発刊:2007.04.27 〜

完結・全1巻

『邪眼は月輪に飛ぶ(1)』巻の書影
森脇かみん@サブカルメディカル掲載中さん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

東京湾で座礁した米軍の空母から、一羽の鳥が逃げた。そのことで多くの兵士が死ぬ。 さらに東京の街中にやって来たその鳥は、空前の死者を出す。 その鳥とは、その眼で見られた者はすべて死んでしまうという一羽の恐ろしいフクロウだった。 かつて猟師仲間とともに、そのフクロウを一度は撃ち落とした鵜平は、米軍の要請を受けて、再び銃を取る――。

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...