『ワールドトリガー(1)』巻の書影
『ワールドトリガー(2)』巻の書影
『ワールドトリガー(3)』巻の書影
『ワールドトリガー(4)』巻の書影
『ワールドトリガー(5)』巻の書影
『ワールドトリガー(6)』巻の書影
『ワールドトリガー(7)』巻の書影
『ワールドトリガー(8)』巻の書影
『ワールドトリガー(9)』巻の書影
『ワールドトリガー(10)』巻の書影
『ワールドトリガー(11)』巻の書影
『ワールドトリガー(12)』巻の書影
『ワールドトリガー(13)』巻の書影
『ワールドトリガー(14)』巻の書影
『ワールドトリガー(15)』巻の書影
『ワールドトリガー(16)』巻の書影
『ワールドトリガー(17)』巻の書影
『ワールドトリガー(18)』巻の書影
『ワールドトリガー(19)』巻の書影
『ワールドトリガー(20)』巻の書影
『ワールドトリガー(21)』巻の書影
『ワールドトリガー(22)』巻の書影
『ワールドトリガー(23)』巻の書影
『ワールドトリガー(24)』巻の書影
『ワールドトリガー(25)』巻の書影
れとれとさんさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

異次元からの侵略者「近界民」の脅威にさらされている三門市。そこに住む少し正義感の強い中学生・三雲修は、謎の転校生・空閑遊真と出会う。遊真の行動に振り回される修の運命は!? 最新型SFアクション始動!!

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
4.07

953件の評価

5.0

24巻まで読みました

なかなか小難しい設定が多いので、離脱してしまうか迷ったが諦めずに読んでよかったと心の底から思える作品。

ダブル主人公が真逆な立ち位置なのがとても良い。修はとにかく弱いけれど、戦略を練ってチームを引っ張っていくリーダーの素質があるタイプ。ユウマはとにかく強いチートタイプで、エース的存在。このふたりが組み合わさったらもう最強です…。修が自身が弱いことを自覚して、弱いからこその立ち回りや戦略を練ろうと葛藤するシーンは胸アツ。どんなに周りが強くて圧倒されても折れない心を持っているヒーローというのがジャンプらしい情熱を感じる。

私が読んだマンガの中で1番キャラクターが出てきている気がするが、全員に特徴と個性があって、全キャラを愛したい!必ず推しが見つかる作品でもある。そのキャラたちが本気でぶつかり合うB級ランク戦編は、それぞれの戦隊の戦略や能力などが緻密に描かれていて、次はどんな手を出すのか、どう切り抜けていくのかワクワク要素がたっぷり!ランク戦編は作画もよいので、ぜひアニメで躍動感&声優付きでも楽しんでほしい。

回収できていない謎もたっぷりあるので、まだまだ続きそう。今後の楽しみがまた一つ増えたなぁ、と感じる作品です。

すべて表示

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...