僕に花のメランコリー

小森みっこ

3.60

5407

発刊:2015.12.25 〜

完結・全13巻

『僕に花のメランコリー(1)』巻の書影
『僕に花のメランコリー(2)』巻の書影
『僕に花のメランコリー(3)』巻の書影
『僕に花のメランコリー(4)』巻の書影
『僕に花のメランコリー(5)』巻の書影
『僕に花のメランコリー(6)』巻の書影
『僕に花のメランコリー(7)』巻の書影
『僕に花のメランコリー(8)』巻の書影
『僕に花のメランコリー(9)』巻の書影
『僕に花のメランコリー(10)』巻の書影
『僕に花のメランコリー(11)』巻の書影
『僕に花のメランコリー(12)』巻の書影
『僕に花のメランコリー(13)』巻の書影
じっちゃんさん、他2人が読んでいます

この漫画のレビュー

5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.60

69件の評価

4.5

7巻まで読みました

このレビューにはネタバレを含みます。

2020/05/15、7巻。よい。悪いとこ特になし。でも大好きって断言するわけでもないので4.5。男の家庭トラウマが、よくある浅い問題じゃなくてしっかりめに書かれているから入り込める。少女漫画にありがちな『思っていること言えず逆な行動してすれ違い』とか『ライバルにいらんこと言われてそそのかされてすれ違い』とか無いから良い。あれイライラくる。2人間のトラブルが納得いくヤツだし、うまく行く時はサクッと行ってくれるのが良い。

花と弓弦は幼少期田舎で幼なじみ。弓弦の母親が死に、ある日居なくなった。お互い心の中で大切に思ってた。高校生になって再開。花は弓弦を想って追いかけ回すが、弓弦は家庭内問題(多分、弓弦は不倫でできた子供。母親が死んで父親に引き取られたけど本妻が意地悪だし父親も今更な奴だから嫌いで家に帰らずケンカばっか)でグレてた。花がめげすに追っかけたのと、弓弦が心の中では花を好きなのとで、付き合う。7巻らへんでは問題が2つ出てくる。1つ目は弓弦の家問題。弓弦は父親と本妻嫌い。本妻は弓弦母を憎んでる。2つ目は弓弦と昔関わりのあるヤンキー昴。多分昔ひとモメあった。花とも道端で出会ってる。昴が花に意地悪したから花は嫌ってて、わざとじゃないけど殴って血流させちゃったとこが7巻ラスト。

1

この漫画の詳細情報

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...