かつて神だった獣たちへ

作者
めいびい
出版社
講談社

3.04

705

12

noon777、Nozomu Kaneko、他10人が読んでいます

既刊10巻

発刊:2014.12.09

あらすじ・ストーリー紹介
絶望の森を、慟哭の荒野を、悲痛の海を、幽冥の時間の中を狼は歩く。かつての戦友を殺すために‥‥。異形の者たちを狩り続ける、終わりのない暴力の旅路。『黄昏乙女×アムネジア』のめいびいが描く、傑作ダークファンタジー。 禁忌の技術をもって作り出された異形の兵士“擬神兵”。戦乱の国を和平へと導いた彼らは“神”と称えられ、英雄となったのだが、内戦から時を経た今は、ただ“獣”と呼ばれている‥‥。その擬神兵たちを殺すために旅を続ける“獣狩り”のハンク。そして、擬神兵だった父を彼に殺された少女、シャール。父が殺された意味を知るため、シャールは、ハンクと共に旅することを決意する!

このマンガのレビュー

12

関連記事

関連記事をもっと表示 +

オススメのマンガ