さよなら私のクラマーのあらすじストーリー紹介

累計400万部突破!『四月は君の嘘』の著者・新川直司の最新作は、女子サッカー。中学時代輝くことなく終わったウイング周防すみれは、ライバルである曽志崎緑から誘いを受ける。「一緒のチームに行こうよ、一人になんてさせないから」。そんな真摯な言葉に、周防が出した答えは・・・・。たくさんの個性豊かな選手が集まり、今物語の幕が開く!!

はじめての方はこちら
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.47

118件の評価

レビューがまだありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

さよなら私のクラマーを読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...