これはきっと恋じゃない12

ここまで読んだブックマークする
『これはきっと恋じゃない(1)』巻の書影
『これはきっと恋じゃない(2)』巻の書影
『これはきっと恋じゃない(3)』巻の書影
『これはきっと恋じゃない(4)』巻の書影
『これはきっと恋じゃない(5)』巻の書影
『これはきっと恋じゃない(6)』巻の書影
『これはきっと恋じゃない(7)』巻の書影
『これはきっと恋じゃない(8)』巻の書影
『これはきっと恋じゃない(9)』巻の書影
『これはきっと恋じゃない(10)』巻の書影
『これはきっと恋じゃない(11)』巻の書影
『これはきっと恋じゃない(12)』巻の書影
『これはきっと恋じゃない(13)』巻の書影

これはきっと恋じゃない(12)のあらすじストーリー紹介

一時は解散へと向かった643だったが、唱が自分の気持ちと向き合い、ひびきと律に誠意をもって謝ったことで、再び3人の気持ちは1つに! いよいよ目前のスクバト決勝に向けて練習を重ねるのみ……かと思われたが、五条に指摘された“解決しなければいけない問題”とは!? そしてひびきへの気持ちを自覚した唱は、練習の帰り道にひびきにもう一度本音を伝え――!? 今という青春、すべてをかけて。運命スクバト決勝、いよいよ、いよいよ開幕!! ◆ピュア恋読み切り『雨空のち君のそら』も収録

タイトルページへ
はじめての方はこちら
Loading ...