ファンタジウム

杉本亜未

3.45

1365

発刊:2007.06.22 〜

完結・全9巻

『ファンタジウム(1)』巻の書影
『ファンタジウム(2)』巻の書影
『ファンタジウム(3)』巻の書影
『ファンタジウム(4)』巻の書影
『ファンタジウム(5)』巻の書影
『ファンタジウム(6)』巻の書影
『ファンタジウム(7)』巻の書影
『ファンタジウム(8)』巻の書影
『ファンタジウム(9)』巻の書影
🦦さん、他1人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

「紳士淑女の皆さん!摩訶不思議な手品の世界をご覧に入れましょう!」少年は何ものにも従わず、軽やかに己の道を歩む――。マジシャンとして天性の才能を持ちながら、何ものにも縛られることなく自由に生きる少年・長見良(ながみ・りょう)。マジシャンだった祖父・龍五郎(たつごろう)に憧れて育ったサラリーマン・北條(ほうじょう)。龍五郎が生前にとった唯一の弟子だった良には、ある秘密があった。そして、良の才能に魅入られた北條は、ともに歩んでゆく。

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.45

4件の評価

5.0

9巻まで読みました

稀代のマジシャンから手解きを受け、プロ級の才能がある中学生マジシャン・長見良。
彼はまるで魔法のようなマジックの才能を持つ傍ら、ディスレクシア、いわゆる失読症に悩まされる障がいを抱えていました。
そんな彼が自らの障がいと闘い、マジックひとつで自分も他人も笑顔にさせる。

画力が高くて、絵が綺麗。マジックの描写も美しく、物語の運び方も丁寧。
最終9巻で色々と1巻との対比が見られますが、良君の成長ぶりが美しいです。ただ、少し駆け足だったかなという印象です。

しかし、それを鑑みても一読するにあまりある作品でした。
字の読み書きができないという失読症は、一般に大きなハンデです。まず普通学級の学校には通えない。それでも、マジックという「言語がいらない芸術」を武器に、家庭や学校、世間、そして自分と闘いながら生き方を模索していく。

その物語がとても美しくて、ほぼ毎巻泣きました。主人公の良君以外の関係者にも物語があり、大変泣かされました。
ただのシンプルなお涙頂戴ではなく、そこに至るまでに積み上げられた物語があるからこそ、より感動しました。
何より、作者様の物語の構成力、技術にただただ感動です。

最後に、作中で引用しているセリフ、"You are magic!"
これが印象的です。その意味するところを、ぜひ読んで感じてください。
本当に名作。

名作

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...