機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼

寺馬ヒロスケ団伍鴨志田一

353

発刊:2016.10.26 〜

完結・全4巻

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼(1)』巻の書影
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼(2)』巻の書影
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼(3)』巻の書影
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼(4)』巻の書影

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼のあらすじストーリー紹介

もう一つの『オルフェンズ』達の物語が始まる――。 月にほど近いアパラチンコロニーを仕切るマフィア組織「タントテンポ」のボスが 何者かに暗殺されたことにより、組織の次期首領を巡る抗争が勃発した。 跡目を継いだのはボスの一人娘リアリナ・モルガトン。 強大なタントテンポの力を奪おうと多くの人間がリアリナの命を狙う中、 二人の少年「アルジ・ミラージ」と「ヴォルコ・ウォーレン」だけが彼女に味方した。 彼らはリアリナを頭目に据えるため、襲い来る敵を迎え撃つ。 だが、アルジとヴォルコには、それぞれ本当の目的があった。 「家族を殺したガンダムを壊すこと」 そして 「家族が残したガンダムを集めること」

はじめての方はこちら

レビューがまだありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする
Loading ...