浮浪雲

3.17

254

1

NORIDARが読んでいます

既刊112巻

発刊:1975.06.06

あらすじ・ストーリー紹介
舞台は幕末の品川宿。物事に執着せず、ふわりと生きる問屋場の頭、浮浪雲。子供の教育や夫婦間の問題、はたまた女性のくどき方まで、人生の名人浮浪雲がサラリとヒントを与えてくれる。悩める現代人必読の名作ドラマ!!