翡翠峡奇譚

作者
広江礼威
出版社
小学館

3.02

188

3

Takuma Kobayashi、山本章平和、他1人が読んでいます

完結・全2巻

発刊:2005.05.19

あらすじ・ストーリー紹介
1935年・メキシコ。「ククルカン遺跡」を調査していた考古学研究員・脇坂伊織は、ナチスドイツ軍から突然の襲撃を受ける。調査隊の仲間たちを殺され、自らも危ないところを現地の神父・イリヤに助けられた脇坂は、イリヤから「ククルカンの神殿」に眠る神の存在と、その身柄を狙うナチスの陰謀を知らされることに…。