うえきの法則

福地翼

3.74

10370

完結・全16巻

『うえきの法則(1)』巻の書影
『うえきの法則(2)』巻の書影
『うえきの法則(3)』巻の書影
『うえきの法則(4)』巻の書影
『うえきの法則(5)』巻の書影
『うえきの法則(6)』巻の書影
『うえきの法則(7)』巻の書影
『うえきの法則(8)』巻の書影
『うえきの法則(9)』巻の書影
『うえきの法則(10)』巻の書影
『うえきの法則(11)』巻の書影
『うえきの法則(12)』巻の書影
『うえきの法則(13)』巻の書影
『うえきの法則(14)』巻の書影
『うえきの法則(15)』巻の書影
『うえきの法則(16)』巻の書影
総太郎さん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

火野国中学1年C組・植木耕介は「自分でゴミと認識した物を木に変える能力」を与えられた!(ただし、手で覆える範囲のゴミに限定)能力で他人を傷つける度に「才(=才能)」がひとつずつ減っていくという罰則に振り回されながらも、植木が正義を貫いていく爽快幻想的バトル大活劇、ここにスタート!!

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.74

206件の評価

3.9

16巻まで読みました

神の座を巡る神候補たちのバトルの代理人として天界人が選んだ中学生を戦わせ、最後に勝ち残った中学生の担当神候補を神にするというバトルが開催される。
主人公の植木耕助はボーッとしていて意思薄弱、一見何を考えているのかわからないタイプなのですが、ふと見せた正義の行動により神候補だった担任教師・小林先生に特殊能力を与えられ、バトルに参加することとなります。
優勝した中学生の担当神候補は神になり、中学生には 「空白の才」 という、自分の好きな才能を手に入れることができます。
また、神候補の担当がついた中学生には、戦う際の武器として担当神候補より特殊な能力を与えられますが、それは 「XXXをYYYにする能力」 と表すことができます。

早い話がこの特殊能力を与えられた中学生同士が戦う、能力者バトルマンガですね。
主人公の植木は 「(手に包めるだけの)ゴミを木に変える能力」 を与えられるのですが、他の能力者は 「ビーズを爆弾に変える能力」 とか、 「トマトをマグマに変える能力」 とか、 「ゴム玉を濃硫酸に変える能力」 など、結構シャレにならない能力を持っています。
作中、人死にがあるような描写は無いですが、神の代理として殺し合い紛いのことをさせられるとか、普通に人でなしな設定ですね。
ただ、作中の中学生たちはその能力を惜しみなくノリノリで繰り出して来ます。
「トマトをマグマに変える能力」 の人とか、コック姿で大量にマグマぶつけてくるので冷静に考えるとかなり怖い状況なのですが、あたっても"熱い"で済むあたりマンガだなぁという感じです。
マンガが違えばガチグロ描写の連続となりそうですが、本作は熱い系の少年漫画なので、そこは凄い能力の相手が現れたくらいのレベルの受け止め方で、知恵と勇気と友情の力を持って切り開く展開になります。
"金色のガッシュベル"が絵柄的にも展開的にも似ているなと感じました。
なお、能力者は全員中学生のはずなのですが、相手はどうみても中学生に見えないマッチョやおっさんです。
胸毛モジャモジャの汚い中学生オヤジは出てくるものの、ムチムチプリンな女子中学生は出てこないのはどういうことか。

作者は週刊連載は初でデビュー作なので、作中の画力向上が甚だしく感じました。
一方でストーリーは粗が多く、ラスト近辺では駆け足感があって能力の説明もよくわからなくなってきます。
バトルも途中で「神器」というものが登場してからは神器メインとなり、植木の 「ゴミを木に変える能力」 の使用頻度が減ってきて、能力者バトル的な要素が薄れてきたのも残念。
ただ、駆け足感があったもののストーリーとしてはきれいに終わっていて、序盤・中盤に伏線的に登場したキャラも忘れずに再登場してきたあたりは良かったです。
続編として「うえきの法則+」があるのですが、こちらは打ち切り的に終わっているそうです。読むべきか迷い中。

すべて表示

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...