レベルE

冨樫義博

4.01

24450

発刊:1996.03.01 〜

完結・全3巻

『レベルE(1)』巻の書影
『レベルE(2)』巻の書影
『レベルE(3)』巻の書影
きりしきさん、他2人が読んでいます

この漫画のレビュー

5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
4.01

605件の評価

シャリさんのアイコン

シャリ

syari
2ヶ月前

4.4

3巻まで読みました

作品全体の評価は4.5ではあるが、作中4話と5話で一区切りになる食人鬼編は非常に完成度が高く、評価4.8程の出来である。
全体的な評価としては、冨樫義博節みたいなものを感じられ細かい設定や粋な表現などが多く見られ、ハンターハンターに次ぐ冨樫義博作品の傑作であろう。
で、食人鬼編だが、全体で70〜80ページ程のこの話だが、作品の質が高く書きたいことが書けてると思う。特に最後辺りの宇宙人が持つ葛藤の描写は心揺さぶられ、人間の問題とも照らし合わせれる。素晴らしい構図だとおもう。結論これはバカ王子が書いた漫画という事になってるがこれはあまりにも少年漫画という枠を超えすぎたこの話に少年漫画ぽさを加えたものであると推察します。
食人鬼編を締めくくるセリフも素晴らしく。同級生の宇宙人に何も言えなかった後悔を感じたあとに「明日から寝るなと言われてもオレは眠くなる 食うなと言われても腹が減る 言えることなど何もないのだ」と放つこのセリフは、簡潔に締めくくりながらも登場人物が感じる無力感を表していている。さらに読者にも共感が出来、とても感情が揺さぶられる。
長々と語ったが、それだけ魅力があった話。自分の中でトップクラスで好きな話。

この漫画の詳細情報

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...