NINKU 忍空

桐山光侍

3.08

1867

既刊9巻

『NINKU 忍空(1)』巻の書影
『NINKU 忍空(2)』巻の書影
『NINKU 忍空(3)』巻の書影
『NINKU 忍空(4)』巻の書影
『NINKU 忍空(5)』巻の書影
『NINKU 忍空(6)』巻の書影
『NINKU 忍空(7)』巻の書影
『NINKU 忍空(8)』巻の書影
『NINKU 忍空(9)』巻の書影
うにたべたいさんが読んでいます

あらすじストーリー紹介

あらすじがまだ登録されていません。
Wikipediaで検索する

この漫画の詳細情報

出版社
はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.08

24件の評価

2.8

9巻まで読みました

かつて戦乱の世を伝説的な活躍により治めた忍空組という集団があった。
彼らにより世界は安寧したかに見えた。
元忍空組1番隊隊長・子忍の風助は隣家のおばあさんの薬を買いに都に行く途中で忍空組の残党に襲われている一家と出会い、その一家を助けたことをきっかけとして、忍空組の残党組織「忍空狼」を壊滅させるため旅に出る。
干支忍達と忍空狼による忍空戦争が今、始まった、というストーリー。

忍空戦争の終結とその後のあれこれまでをファーストステージとして連載が一旦終了し、連載再開して描かれた、ファーストステージの過去編となる、戦乱の世で風助たちが忍空と出会う話をセカンドステージとしています。
セカンドステージの終了後、掲載誌を変えて連載を再開、ウルトラジャンプでの連載終了を持って忍空はようやく完結となりました。
なお、本レビューは週刊少年ジャンプの忍空のレビューとなりますのであしからず。

ファーストステージの忍空対戦までは名作だったと思います。
それ以降はぱっとしない話が続き、連載が中断。セカンドステージに至っては早々に描くのに飽きてきた感出ています。
アニメが好調な最中、連載が中断し、セカンドステージも未完のまま打ち切られたように終わっています。
アニメの忍空がすごく良かったのと、忍空対戦までは面白かったので、ファーストステージ後半とセカンドステージのできについては意外でした。
そんなわけで途中からは今一つになりますが、忍空戦争までは名作です。
忍空組は12の隊があって、干支忍と呼ばれる各隊の隊長は干支の名前と同じく子忍から亥忍までいるのですが、それぞれが個性的なキャラをしていて、出てくるたびに盛り上がります。
また、作品自体に独特な雰囲気があり、微妙な間やコマ割り、背景の描写を含めてワクワクさせる、かっこいい作品だと思います。
とはいえ、干支忍は忍空戦争までで5人、セカンドステージを含めても7人までしか出ていないのが大変残念なところです。

あと、アニメで敵のイメージだった氷の黄純が、マンガだと普通に仲間だったので驚きでした。
マンガが話数無いので、アニメはほとんどオリジナル展開だったそうです。
そのため、アニメのイメージでマンガを読むとちょっと肩透かしを食うことと思います。

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...