「たま」という船に乗っていた

石川浩司原田高夕己

3.08

(1件)

発刊:2022.07.21 〜

既刊1巻

『「たま」という船に乗っていた(1)』巻の書影

あらすじストーリー紹介

1984年に結成された「たま」は89年の「イカ天」出場を機に人気が爆発。ファーストシングル「さよなら人類/らんちう」はオリコン初登場1位、売り上げ60万枚を記録。『「たま」のランニング』こと石川浩司の自伝を30年以上一日も欠かさず「たま」の事を考え続けている原田高夕己が本書初出の新エピソードも追加し漫画化した「たま」の歴史完全版!「さよなら人類編」は石川浩司上京から「イカ天」で「らんちう」完奏までのエピソードを収録。さらに描き下ろし『「さよなら人類」誕生秘話』も収録!

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.08

1件の評価

レビューがまだありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

この漫画が含まれるまとめ

この漫画が含まれている
まとめリストがまだありません

レビューしてまとめリストに追加する

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...