不遇職とバカにされましたが、実際はそれほど悪くありません?

南条アキマサカタナヅキ

3.14

136

発刊:2020.07.10 〜

既刊1巻

『不遇職とバカにされましたが、実際はそれほど悪くありません?(1)』巻の書影
YWさんが読んでいます

あらすじストーリー紹介

次元の狭間へと転落し、0歳の状態で異世界転生することになった高校生・白崎零斗。王家の跡取りとして転生するが、生まれ持った異世界最弱の不遇職「支援魔術師」と「錬金術師」が原因で家から追放されてしまう。過酷な世界で生き抜くため、鍛錬の日々を送る中、レイトは自身の職業に秘められた大いなる力に気がつく……。最弱職からの異世界逆転ファンタジー、開幕!

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.14

2件の評価

この漫画が含まれるまとめ

この漫画が含まれている
まとめリストがまだありません

レビューしてまとめリストに追加する

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...