名探偵 耕子は憂鬱

鈴木ジュリエッタ

3.19

862

発刊:2021.02.19 〜

既刊2巻

『名探偵 耕子は憂鬱(1)』巻の書影
『名探偵 耕子は憂鬱(2)』巻の書影
せーふぁさん、他1人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

昭和中期、日本には難事件を3つ解決した者だけに探偵のお免状を与える、という法があった――。探偵見習の少女・耕子は、東京の下宿・春秋館に暮らす名家の子息・犬上くんに宛てられた殺人予告の犯人を突き止めてほしい、という依頼を受ける。下宿人の世話をする「賄い人」として春秋館に潜入し、捜査することになった耕子。しかし、料理は苦手、推理も苦手な耕子はてんてこ舞い!しかも、そこに住む4人の下宿人は、とんでもないくせ者ぞろいで…!?「神様はじめました」の鈴木ジュリエッタが贈る、新感覚の共同生活×推理×ラブコメディ!※別に、1巻の【電子限定「神様はじめました」番外編付き特装版】も配信しております。

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.19

7件の評価

レビューがまだありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...