不遇職【鑑定士】が実は最強だった ~奈落で鍛えた最強の【神眼】で無双する~

藤モロホシ茨木野

3.08

1908

発刊:2020.11.09 〜

既刊3巻

『不遇職【鑑定士】が実は最強だった ~奈落で鍛えた最強の【神眼】で無双する~(1)』巻の書影
『不遇職【鑑定士】が実は最強だった ~奈落で鍛えた最強の【神眼】で無双する~(2)』巻の書影
『不遇職【鑑定士】が実は最強だった ~奈落で鍛えた最強の【神眼】で無双する~(3)』巻の書影
たちばなさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

物を鑑定する以外に能のない不遇職【鑑定士】のアインは、パーティ内でも酷い扱いを受け、絶望的な日々を過ごしていた。だが、たまたま見つけた隠しダンジョンで【世界樹】の精霊ユーリと、守り手の賢者ウルスラと出会ったことで運命は一変する。精霊からもらった最強の神眼で異世界無双! 最弱職から成り上がる!!物を鑑定する以外に能のない不遇職【鑑定士】のアインは、パーティ内でも酷い扱いを受け、絶望的な日々を過ごしていた。だが、たまたま見つけた隠しダンジョンで【世界樹】の精霊ユーリと、守り手の賢者ウルスラと出会ったことで運命は一変する。精霊からもらった最強の神眼で異世界無双! 最弱職から成り上がる!!

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.08

19件の評価

レビューがまだありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...