窮鼠の契り―偽りのΩ―

白石ユキ

3.37

491

発刊:2020.09.25 〜

既刊6巻

『窮鼠の契り―偽りのΩ―(1)』巻の書影
『窮鼠の契り―偽りのΩ―(2)』巻の書影
『窮鼠の契り―偽りのΩ―(3)』巻の書影
『窮鼠の契り―偽りのΩ―(4)』巻の書影
『窮鼠の契り―偽りのΩ―(5)』巻の書影
『窮鼠の契り―偽りのΩ―(6)』巻の書影

窮鼠の契り―偽りのΩ―のあらすじストーリー紹介

獣人×格差ロマンス、白石ユキ最新作!クソッタレなこの世の中でちっぽけな私を救ったのは最低な貴族だった――絶対的なカースト制度が存在する獣人の世界。奴隷として売られそうになっていたところを、八雲(やくも)に助け出された鼠種の彩葉(いろは)。カースト上位で、都一の宿屋・狐牢館のオーナーである八雲がわざわざ底辺の自分を買い付ける意味がわからず反発する彩葉だけど、八雲は彩葉を「花嫁にする」と言い出して―!?めくるめく獣人×格差ロマンス!

はじめての方はこちら
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.37

7件の評価

レビューがまだありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする
Loading ...