田中と鈴木(1)

作者
太川善之
出版社
小学館

20

既刊1巻

発刊:2020.08.12

あらすじ・ストーリー紹介
福岡の田舎町。男子高校生2人。映える。福岡の田舎町、男子高校生2人、“退屈だけど楽しい”夏が切り撮られます。田舎は、緑とお年寄りと、フォトジェニックであふれている。主人公の名前は田中龍夫。高校一年生。福岡県K町、人口約二千人の小さな町に生まれた。中学時代は不良で番をはっていたが、卒業旅行で家族と東京に行った時に「うわっ、ダサっ」と言われ、そのまま不良をやめる。ソシャゲのレベル上げをする毎日。そしてもう一人の主人公の名前は鈴木英二。若者の少ない町で、田中の幼なじみ。中学時代もずっと一緒だった。田中にだるがらみをする毎日。そんな男子高校生2人の、田舎フォトジェニックな日常 & 楽しく気だるい青春グラフィティー!

このマンガのレビュー

レビューがありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

関連記事

オススメのマンガ