よくわからないけれど異世界に転生していたようです

内々けやきあし

3.27

1938

発刊:2020.04.09 〜

既刊14巻

『よくわからないけれど異世界に転生していたようです(1)』巻の書影
『よくわからないけれど異世界に転生していたようです(2)』巻の書影
『よくわからないけれど異世界に転生していたようです(3)』巻の書影
『よくわからないけれど異世界に転生していたようです(4)』巻の書影
『よくわからないけれど異世界に転生していたようです(5)』巻の書影
『よくわからないけれど異世界に転生していたようです(6)』巻の書影
『よくわからないけれど異世界に転生していたようです(7)』巻の書影
『よくわからないけれど異世界に転生していたようです(8)』巻の書影
『よくわからないけれど異世界に転生していたようです(9)』巻の書影
『よくわからないけれど異世界に転生していたようです(10)』巻の書影
『よくわからないけれど異世界に転生していたようです(11)』巻の書影
『よくわからないけれど異世界に転生していたようです(12)』巻の書影
『よくわからないけれど異世界に転生していたようです(13)』巻の書影
『よくわからないけれど異世界に転生していたようです(14)』巻の書影
mat2さん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

「私、おっさんだった!!」孤児の少女・レンは身売りされる途中で、前世の記憶を取り戻す。レンの前世は、三十代の男性研究者だったが、転生して今まで孤児として生きていたのであった。レンは、その身に秘められた魔法の才能と、前世の科学的知識を駆使して、ひとり過酷な異世界を生き抜いていく。

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...