ささやくように恋を唄うのあらすじストーリー紹介

高校入学初日、新入生のひまりは新入生歓迎会で演奏したバンドのボーカル・依(より)に、ひとめぼれという名の憧れを抱く。校舎で出逢った依にそのことを伝えるひまりだったが、まっすぐに気持ちを伝える彼女に、依はひとめぼれという名の恋心を抱いてしまい…… お互い好きだけど、どこか微妙にすれ違う、ひとめぼれから始まる恋物語。

はじめての方はこちら
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.52

37件の評価

レビューがまだありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

ささやくように恋を唄うを読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...