あらすじストーリー紹介

耽美を極めた文学史上の至宝が、笹倉綾人の絵筆で新たな命を得る。 時は江戸末。天性の舞の才を持つ鵙屋琴は病で失明し、やむなく音曲に道を変更する。盲目の琴の世話をする佐助は彼女に弟子入りし、弟子としても奉公人としても献身するが、彼を待っていたのは甘美な地獄だった――。

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...