奴隷商人しか選択肢がないですよ? ~ハーレム?なにそれおいしいの?~6

ここまで読んだブックマークする
『奴隷商人しか選択肢がないですよ? ~ハーレム?なにそれおいしいの?~(1)』巻の書影
『奴隷商人しか選択肢がないですよ? ~ハーレム?なにそれおいしいの?~(2)』巻の書影
『奴隷商人しか選択肢がないですよ? ~ハーレム?なにそれおいしいの?~(3)』巻の書影
『奴隷商人しか選択肢がないですよ? ~ハーレム?なにそれおいしいの?~(4)』巻の書影
『奴隷商人しか選択肢がないですよ? ~ハーレム?なにそれおいしいの?~(5)』巻の書影
『奴隷商人しか選択肢がないですよ? ~ハーレム?なにそれおいしいの?~(6)』巻の書影
『奴隷商人しか選択肢がないですよ? ~ハーレム?なにそれおいしいの?~(7)』巻の書影
『奴隷商人しか選択肢がないですよ? ~ハーレム?なにそれおいしいの?~(8)』巻の書影

奴隷商人しか選択肢がないですよ? ~ハーレム?なにそれおいしいの?~(6)のあらすじストーリー紹介

天才的な魔術と剣術の才能を持ちながらも、目立たず生きるため、錚々たる称号を選ぶことなく、泣く泣く【奴隷商人】となった少年・ゼオリス。猫耳褐色美女のナーシャと、わがままな幼馴染のリーゼとファムに振り回される毎日を送っていた。同級生のエルフ・パティ、義賊の頭領であるオルティナと共に、元【聖女】のセアを助けたことで、ゼオリスのまわりはますます賑やかに。ある日、故郷の【大賢者】が使用していた「精霊の杖」を取り戻すため、パティが闘技大会に出場するつもりであることを知ったゼオリス。【剣聖】などかなりの強敵がいるとの情報を受けて、ゼオリスはパティのため、正体を隠して出場することを決める。しかしそこには魔族の国「ガールダ王国」の【ロリ魔王】も出場を企てていて――!? 「小説家になろう」で大人気のハーレム冒険ファンタジー、第6巻!! 電子限定おまけ付き!!

タイトルページへ
はじめての方はこちら
Loading ...