もっと上手に夢を見られるはずだった

525

既刊1巻

発刊:2018.09.18

あらすじ・ストーリー紹介
"「何をしても盲目的に慕ってくれるモノを俺は手にしている」高級クラブのオーナーである父を持つ玄秋は、幼少期に御影を拾う。御影が15歳になったら店に出すことを条件に、世話をすることになった玄秋は少し突き放しても縋ってくる御影に対し、恍惚感を覚えるようになる。やがて、クラブのオーナーと店で一番人気の男娼となった二人の関係は、ある出来事によって突如崩れていく──。二人の間にあるのは歪んだ愛情か、それとも──……?表題作他、読みきり多数収録。"

このマンガのレビュー

レビューがありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

オススメのマンガ