即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。―ΑΩ―

納都花丸藤孝剛志成瀬ちさと

3.09

2201

発刊:2018.08.16 〜

既刊6巻

『即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。―ΑΩ―(1)』巻の書影
『即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。―ΑΩ―(2)』巻の書影
『即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。―ΑΩ―(3)』巻の書影
『即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。―ΑΩ―(4)』巻の書影
『即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。―ΑΩ―(5)』巻の書影
『即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。―ΑΩ―(6)』巻の書影
異世界で隠居中さん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

高校の修学旅行中バスの中で寝ていた高遠夜霧は、クラスメイトの壇ノ浦知千佳に起こされて目を覚ました。すると――そこは異世界で、目の前にはドラゴンが迫ってきていた!彼らのクラスを召喚したのはこの世界で絶大な権力をふるう《賢者》の一人で、クラスメイト全員が《ギフト》と呼ばれる能力を受け取れるはずだったが、二人を含む何人かは運悪くこれを受け取れず、足手まといとして切り捨てられたのだった。いきなり大ピンチの主人公! と思いきや、実は夜霧は元々この世界の基準では計れないほどの《即死能力》を持っていて―――

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...