指先から滑り落ちるバレッタ

作者
つつい
出版社
一迅社

3.17

185

2

高杉、kgrが読んでいます

既刊1巻

発刊:2017.12.18

あらすじ・ストーリー紹介
金遣いが派手でクラスの中心にいる美雪と、そんな美雪にいじめられている加奈。ある日、美雪が援交してホテルから出てくる現場を、加奈が偶然目撃してしまう。必死になって隠そうとする美雪に対して、加奈は「私と友だちになってもらえる?」約束を持ちかけてきて───。表題作『指先から滑り落ちるバレッタ』のほか、『あなたと星と夜明けに見た夢』『メルティーブラック』『アストロロジーは廻る』と、社会人から学生まで、多様な女性同士の関係性を描いた作品たち。ちょっぴりビターで、鋭く鮮烈な百合短編集。