たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語

サトウとシオ臥待始和狸ナオ

3.47

3035

発刊:2018.02.13 〜

既刊8巻

『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語(1)』巻の書影
『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語(2)』巻の書影
『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語(3)』巻の書影
『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語(4)』巻の書影
『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語(5)』巻の書影
『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語(6)』巻の書影
『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語(7)』巻の書影
『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語(8)』巻の書影
ひじきさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

無自覚チートの無意識無双!!! 村人誰もが反対する中、軍人になる夢を捨てきれず王都へと旅立った少年ロイド。 しかし、村一番弱い男と言われる彼を含め、村人は誰一人として知らなかった。 自分たちの村が「ラストダンジョン手前の人外魔境」だったなんて!!  これは無自覚に無敵な少年の勇気と出会いの物語――。

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...