過去読んだ漫画史上1番好きな作品に出会ってしまった…。 3人から「これ好きそう」とおすすめされたので、ドキドキしながら読んでたら、いつのまにかびっくりするくらい泣いてた。 感情が平らになってく気がして生きてたけど、久しぶりに心から感動して自分に驚いた。 毎日、普通とか、当たり前とか、常識とか、正しさとか、大人とか、そんな形のないものと自分を比べては勝手に苦しくなったりしていたりする。 みんなと同じ歩幅で歩けないから普通から逃げて特別を目指す。 みんなも普通も特別も正体はないから逃げ方も追い方も初めからなかったんだと気付かされた。

レビューへのコメント