12

『同級生』の書影

同級生

4.00

4888

発刊: 2008.1.5 ~

完結・全1巻

合唱祭前の音楽の授業中、同級生でメガネの優等生・佐条利人が歌っていないことに気付いた草壁光。佐条は歌なんかくだらないのかと思っていたが、ある日の放課後、だれもいない教室でひたむきに歌の練習をする佐条の後ろ姿を見た草壁は思わず声をかける…。高校時代のピュアな恋愛をさわやかに描いた、青春ときめきボーイズ・ラブ

『鉄道少女漫画』の書影

鉄道少女漫画

3.50

1758

発刊: 2011.0.1 ~

完結・全1巻

車内、駅前、駅構内、情景模型───…鉄道周辺のあれこれを舞台に展開する5本の作品を中心にwebにて発表した短編1本&描きおろし10Pを含めた作品集。

鉄道に関連した舞台で退会される様々な物語を描いたオムニバス形式の作品集です。 タイトルの通り"鉄道"に関した"少女漫画"で、車両の名前や実際の路線が登場しますが、衒学趣味的なものはなく、鉄道ではなく人が主人公の物語となっています。 鉄道とは関係が深いのですが、鉄道マニアや鉄子が登場する訳ではなく、鉄道を舞台に出会いや思い出を描いた、一話完結型の物語となります。 とはいえ、実際の鉄道路線が舞台のため、鉄道好きにもおすすめの内容だと思います。 全7話収録されています。 各話の感想は以下のとおりです。 ・浪漫飛行にのっとって 小田急ロマンスカー「さがみ」の車内が舞台です。 主人公はスリ師の女の子で、寝ている男性から財布をスリ取ろうと手を伸ばしたが捕まってしまう。 その男性はスリ師の女の子に、突き出さない代償として別の車両に乗っている女の人の額に"肉"と落書きするよう依頼するが、というストーリー。 ブラック企業勤めで妻とろくに会話もできなかった情けない男性のお供をしてしまったスリ師の奇妙なトラブル話が、ロマンスカーのダイヤ情報と絡んで、おもしろいと思いました。 ・彼の住むイリューダ ずっと好きだったが思いを伝えられないままだった女性が、ちょっとしたアクシデントでその彼の住む街の最寄り駅・入生田(イリューダ)を訪れる話。 伝えられない思いと裏腹に取ってしまった行動で心残りのまま去っていくが、箱根登山鉄道のダイヤと鉄道のシステムに絡めた落ちがさすがと思いました。 ・立体交差の駅 立体交差型の駅「厚木駅」を舞台にした恋愛ドラマ。 恋愛ドラマといっても登場人物は女性同士で、電話での痴話喧嘩を聞いてしまった女子高生「みずほ」が、自分の悩みとともに、その二人と深く関わっていく展開です。 最後は大団円で、爽やかな物語でした。 ・青と白のリーム "立体交差の駅"の続きの短話。 女子野球のピッチャーであるみずほの試合を、"立体交差の駅"で仲良くなった相手が見に来る話。 本作は特に鉄道とは絡まない、日常の一コマです。 ・木曜日のサバラン 妻のリクエストで帰宅中サバランを買うために立ち寄った洋菓子店に、"奥"があることを知り、そこへ踏み込むと、そこでは男たちが鉄道模型を鑑賞していた。 なんとなく妻に言い出せず、秘密を作ってしまった男は、毎週木曜日、サバランを買うついでに"奥"へ通うようになる、という展開です。 最後はなんとなくいい話にしていますが、自分勝手で人の大事なものや時間を壊した妻の言動がちょっと許せないと思いました。 なお、本作は"鉄道少女漫画"の続刊、"君曜日"にスピンオフします。 ・夜を重ねる 小田急「片瀬江ノ島駅」を舞台にしたストーリーです。 この短編集の中では一番好きな話です。 30過ぎで3年以上付き合った彼に浮気された女性が、その龍宮城のような駅で偶然であった女性と仲良くなり、お互いの経緯について話す展開で、とてもキレイでいい話だと思いました。 ・ある休日 ある日の小田急に乗り込んだ男がみた人々の姿。 これまでの短編の登場キャラクターのその後が、電車が進むたびに過ぎ去っていくように描かれています。 肝心の主人公の男は誰か、というと、最後はそうきたか、という感じでとても良かったです。

by うにたべたい (327)
『Jの総て』の書影

Jの総て

3.79

1372

発刊: 2004.5.2 ~

通常版・他1作品

マリリン・モンローになりたかった少年Jの物語・ギムナジウム編。父と母を失い、寄宿舎学校で新たな日々を歩み始めたJだったが、運命の人・ポールとの出逢いが彼の人生を変えてゆく…。真実の愛と自分の姿を求め、彷徨う魂の物語。新鋭の描くBOYMEETSBOYSTORY!

『片恋の日記少女』の書影

片恋の日記少女

3.45

1359

発刊: 2008.0.5 ~

完結・全1巻

探しても見つけ難いのに、恋とは突然訪れるのです―― 表題作『片恋の日記少女』をはじめ、父と元・息子、父と娘の友達、姉と偽り男と会う弟、など、親子兄弟ジェンダーが入り混じったヒトとヒトとの多彩な関係をおかしく切なく描いた作品集。さらに「原色メガネ男子標本」などショートや描きおろし番外編も収録!

『ウツボラ』の書影

ウツボラ

3.38

1293

発刊: 2010.5.3 ~

既刊2巻

中村明日美子初のサイコ・サスペンス、戦慄の第1巻!謎の死を遂げた美少女「藤乃朱」。入れ替わるように、「朱」の双子の妹と名乗る少女「桜」が、作家・溝呂木の前に現れるも、彼女の正体は一切不明。二人の点をつなぐ作家・溝呂木は、盗作に手を染め深い闇に追い詰められていく。そして事件の謎を追う編集者と刑事たち。彼らの間を蠢く謎は深まるばかり――。顔のない死体とひとつの小説をめぐる、謎の物語。★描きおろしイラストストーリー収録

世羅(せら)ヒツジと羽熊塚(はぐまづか)イタルはカケオチ中の恋人同士。2人は、警察と、大人たちに反抗するコドモたちの組織「燃えるキリン」からも追われている様子だ。通りすがりの教会に立ち寄った2人は、結婚式を挙げようとする。その教会には悪趣味の神父と、告解中だった2人の少女、まろにえとみゆたんがいた。神父がみずからの趣味のためにヒツジとイタルを気絶させ、ヒツジを連れ去ったとき、教会には「燃えるキリン」から“2人を確保する”という特命を受けた、狼森(いぬもり)エイジと世羅晶午(せらしょうご)がやってきた。神父から逃れたヒツジはイタルの元へ帰ろうとするが、晶午に連れ去られ、イタルはエイジに致命傷を負わせられる。そこに警察が教会を襲撃。ヒツジはエイジと晶午にさらわれ、イタルはまろにえとみゆたんの助けにより無事脱出。しかしさらわれたヒツジは記憶が混乱してまるで別人のようになり、イタルのことも忘れてしまう。一方、まろにえとみゆたんの助けで怪我から立ち直ったイタルは、3人でヒツジの救出に動き出す。そのころ「燃えるキリン」では独裁的な支配をしようとしている兎河(とがわ)ギンに対し、反対勢力が不穏な活動を始めているのだった。

『2週間のアバンチュール』の書影

2週間のアバンチュール

3.39

894

発刊: 2008.3.4 ~

完結・全1巻

少女の毒は蜜の味 究極に妖しく、最高に甘美な、中村明日美子の世界。 ばら色の頬のころ番外編ほか全4作収録の傑作短編集! “モーガン”主人公の描き下ろしショート&大人気「トースト考」つき。 『Jの総て』、『ばら色の頬のころ』で私たちを虜にした、 中村明日美子の待望の短編集が発売!! 林間学校でおませな少女・ローズと同室になったアンジェ。 わがままな少女にうんざりした彼女がしたこととは……。 子どもと大人で揺れる少女を毒気たっぷりに描いたシリーズ「2週間のアバンチュール」、 「ばら色の頬のころ」番外編「彼の左目」など、 初期の短編から最新作まで全4作を収録した傑作短編集。

『曲がり角のボクら』の書影

曲がり角のボクら

3.29

878

発刊: 2009.1.4 ~

完結・全1巻

カーブでは落とせスピード落とすなこの恋。男女4人の青春ゆらゆら群像な表題作ほか、未発表作含め6作品収録のアスミコ少女漫画待望の第二弾!描きおろし番外編つき。

『コペルニクスの呼吸』の書影

コペルニクスの呼吸

3.30

709

発刊: 2015.7.4 ~

通常版・他1作品

中村明日美子の初期8作品が、新装版で登場!! 第1弾『コペルニクスの呼吸1』 仮面の下に美貌を隠したピエロ・トリノス。孤高のジャグラー・レオ。少年を買う外交官・オオナギ。トリノスに惹かれてゆく青年・ミシェル。 70年代パリのサーカスを舞台に描かれる、美しき男たちの物語。 ◆描き下ろし『la sieste』収録。 ※太田出版刊行のコミックスを再構成し、描き下ろしを加えた新装版です。F×COMICS『コペルニクスの呼吸』と内容の重複がございます。ご了承ください。

『鶏肉倶楽部』の書影

鶏肉倶楽部

3.35

657

発刊: 2002.5.6 ~

通常版・他1作品

生涯、ただ一度の恋――。鶏肉をこよなく愛するブルジョア向け秘密倶楽部、「鶏肉倶楽部」に入会した青年・柴山と一羽の鶏がすごした忘れえぬ奇妙な時間。鮮烈のデビュー作、「コペルニクスの呼吸」番外編を収録した、中村明日美子初期短編集。「鶏肉倶楽部」「マー様にささぐ」「MEQUEMEQUE」「コーヒー砂糖いり恋する窓辺」「海のパイパイ」「おたく2000」「ミドリ色のすべすべした美しい身体」を収録。

『LE THÉÂTRE DE A ~Aの劇場~』の書影

LE THÉÂTRE DE A ~Aの劇場~

3.35

505

発刊: 2012.7.1 ~

通常版・他1作品

人気No.1ゴスロリ専門誌『Gothic&Lolita Bible』に掲載されてきた、読み切りマンガなどを集めた傑作集。ハードカバー&オールカラー仕様の豪華装丁に新作の描き下ろし1話を含む、全16話を収録。

『LE THÉÂTRE DE B ~Bの劇場~』の書影

LE THÉÂTRE DE B ~Bの劇場~

3.42

495

発刊: 2013.3.6 ~

通常版・他1作品

定期刊行MOOK『Gothic&Lolita Bible』に掲載されてきた読み切りマンガなどを集めた傑作集で、2012年8月発売の『LE THÉÂTRE DE A ~Aの劇場~』に続く下巻。ハードカバー&オールカラー仕様の豪華装丁に新作描き下ろし1話を含む、全13話を収録。

1
Loading ...