安孫子三和

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

安孫子 三和(あびこ みわ、1961年1月23日 - )は、日本の漫画家。宮城県柴田郡柴田町出身、同県在住。血液型A型。宮城県白石女子高等学校卒。1983年、専門学校日本ビジネススクール仙台校(現在、日本デザイナー芸術学院仙台校)在学中に、『別冊LaLa』夏の号「ロマンチストな虹たち」でデビューする。1987年「LaLa」6・7月号に、人間語を話す猫・みかんのあったかファンタジー「吐夢と不思議な猫」を発表し好評を博す。翌1988年1月号より「みかん・絵日記」として連載を開始。TVアニメ化も果たす。ほかに「真夜中を過ぎても」「天使の降る日」「海を見ていた犬」などの作品がある。同県出身の漫画家、かどたひろしは、専門学校で同じクラスであり、友人でもある。代表作『みかん・絵日記』は宮城県白石市が基本舞台となっているが、作者の出身地宮城県柴田町の風景も多数使われているという。

14

並び替え:

1