樹生ナトさんの作品の書影

樹生ナト

ファンになる

作品数:7

ファンになる

樹生ナトの作品

一覧

「部屋の中にいつも女がいる。女は絶えず砂を吐き続けている…。」そう話すのは、父親から売春を強いられていた少女。彼女の目にうつる不気味な女の正体とは――。そんな奇妙な症例ばかりに興味を示し、警察にも協力を依頼されるのは、異端の精神科臨床医・沖名皐月。その美貌と謎めいた性格から「魔女」とあだ名されている彼女は、人の心を視ることができるという。現代人の心の病が生む、幻想と真実の診療録。

『ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行』の書影

ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行

234

発刊: 2016.4.2 ~

完結・全3巻

限界集落でただひとりの子供だった柳太と、柳太が考えた新型妖怪”ぬえちゃん”が巻き起こす、奇妙な妖怪ファンタジー!算数が大っ嫌いな同級生が呼び寄せた、妖怪”しましま”の正体は!?

『皇虫綺譚』の書影

皇虫綺譚

231

発刊: 2018.7.5 ~

既刊1巻

皇虫人という人間を模した大型昆虫と人が共存する世界。 その世界で皇虫を擁護する私立皇虫探偵の濱胡(はまこ)の 探偵事務所に今日も問題を抱えた人と皇虫人が訪ねてくる。

『とでんか』の書影

とでんか

216

発刊: 2009.0.1 ~

完結・全7巻

大塚英志が都市伝説をテーマに描く、コミカルホラーファンタジー。口裂け女や人面犬とともに、都市伝説問題処理係、通称「とでんか」の事件を解決する若き民俗学者の活躍を描く。※初公開!「とでんか」初期設定資料を併載。

『とでんか 少年探偵団』の書影

とでんか 少年探偵団

162

発刊: 2012.2.1 ~

既刊1巻

学校で飼っていたウサギが殺される事件が起こり、探偵団員で子役タレントの女の子・タエが誘拐されて…どうする、団長・田村くん!本編「とでんか」から飛び出した、少年探偵団の活躍やいかに!!

大学で民俗学を教える暁影文准教授は、フィールドワークで日本全国、世界各地を回って、様々な文化や風習を調査している。その暁先生がアシスタントとして目を付けたのが、心理学部にかよい、写真サークルに所属している洲羽野ひな。じつは霊感体質で人とは少し違った写真を撮っていた洲羽野は、その腕をかわれて、暁先生のフィールドワークに同行することに…。暁先生の好奇心に導かれ、2人は夜通し行われる祭や天狗伝説の残る地、悪魔祓いの謎を秘めた村などの、興味深い風習や不思議な伝説が残る日本各地のミステリーポイントへと調査に向かう。毎回なぜか複雑怪奇な出来事に遭遇してしまうも、力を合わせて乗り越え、その怪奇現象の真相に迫る!奇妙でちょっと怖くて幻想的なミステリアス・ホラーストーリー!不思議な運命に導かれた2人の出会いを語る描き下ろしエピソードも特別収録。

『私には5人の毒親がいる』の書影

私には5人の毒親がいる

3.00

84

発刊: 2020.10.5 ~

既刊2巻

才色兼備な女子中学生・小川ともみ中学1年生の入学式。突然、実は全部で5人の親がいるという衝撃の事実を明かされた!! 「5人の親たちはいついかなる時も自由に接することができる」という契約でともみはシェアされることに。横暴、奔放、非常識、娘への依存にエリート志向…偏見と己のエゴにまみれた毒親たちとの地獄の日々が、こうして始まった…!!

作品レビュー

まだレビューがありません

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...