三山のぼるさんの作品の書影

三山のぼる

ファンになる

作品数:14

ファンになる

プロフィール

三山 のぼる(みやま のぼる、1956年1月7日 - 2007年12月2日)は、日本の漫画家。熊本県八代市出身。高卒後に上京してデザイン会社に勤務したのち、村野守美に師事し、池沢さとしのアシスタントを経て、1981年に週刊少年ジャンプにて「男文太」でデビュー。代表作に『メフィスト』など。2007年に急性心不全で急逝した。山田貴敏などの後輩らから手早い筆致と高い画力を評価されていた。控えめで物静かな人柄だったという。

三山のぼるの作品

一覧
『女フィスト』の書影

女フィスト

585

発刊: ~

完結・全6巻

次々と幼児を殺害し、降魔の儀式で生けにえに捧げる男流動玲二。彼の目的は悪魔の知恵を借りて全能の力を得ることにあった。流動はついに妊娠中のフィアンセを殺し、腹から胎児を取り出してその血を捧げた。「魔王サタンよ、我が願いを聞き届けさせたまえ!」。一方、中世末期のヨーロッパ。慈愛に満ちた魔女アルマはその力で貧しい村人たちのために尽くしていたが、魔女裁判にかけられはりつけに処せられた。アルマは肉体の死とともに永遠の生を得る。そして流動の降魔術に感応して現代に蘇った!

『Midnight trip』の書影

Midnight trip

341

発刊: ~

完結・全1巻

新しいローマを造り出す新鋭フォトグラファー、ルネとサンス。独特の雰囲気をかもし出す彼らと作品に惹かれ、二人の日本人記者がやって来た。その作品以上に奇抜なルネとサンスに一目で魅了されるのだが…。異端の芸術家を描いた表題作ほか、「ミューたん」「メトロ悩夢」「エミリーと悪魔」など、幻想的な作品を収録した三山のぼる初期の短編集。

『燃える秋』の書影

燃える秋

334

発刊: ~

完結・全3巻

新進気鋭の作曲家・在原業(ありわらごう)と、世間をにぎわす新星プリマドンナ・小野マチコ――。二人が出会ったのは偶然ではなかった……!?千年も昔の“業(ごう)”が生み出した鬼・現羯磨(あらかつま)が、現世で二人を引き合わせる。悠久の時を越えた運命の向かう先にあるものとは……!?

守攻鉄(まもるこうてつ)は、不器用で愚直な駆け出しカメラマン。写真館を独立するも、日銭稼ぎのバイトを転々とする毎日。ひょんなことから出会った自由奔放な美少女・マミと、奇妙な同棲生活をおくることになり……。美しい女性たちに翻弄されながら、主人公が写真家として奮闘・成長していく日々を描いた、青春フォトグラファー・コミック!! モーニング創成期を支えた天才漫画家・三山のぼるの初連載作品!!

すべて表示(14)

作品レビュー

まだレビューがありません

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...