高野苺

わし、YOPINO、他2人がファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

高野 苺(たかの いちご、1986年1月11日 - )は、日本の漫画家。女性。長野県出身、松本市在住。血液型B型。デビュー作は『START』。

8

並び替え:

君になれ

3.27

1335

10

発刊:2018.10.15

既刊1巻

作品情報ページ

「君になれ」という漫画を読んだ。 本作では、一度挫折を味わった2人の青年が互いに支え合いながら歩み始める様子が描かれている。 好きなものを好きで居続けるなんて、当たり前のことの様に思う人も居るかもしれない。 けれど、好きなものを好きで居続けることは想像以上に困難だ。 本作を読んだ際、心の傷跡を優しくなぞっている様な気分になった。 もしかしたら僕と同様に感じる人もいるかも知れない。 本作は、その傷跡さえ自分には必要だったと感じられるポジティブなメッセージ性を孕んでいる。 作中の台詞にもあったが、 「人は、辛いことがないと優しいものに気づけない。」 誰もが知っている様な苦しみも無駄じゃない。 必ず今に活きている。 そう感じる作品。by ヒノデ (58)

orange

3.67

6633

187

発刊:2012.07.25

通常版 他1作

未来の自分から届く手紙。登場人物たちのやるせない想い、過去を乗り越えて「大切な人の命を救いたい」「友を守りたい」という気持ち、溢れ出す感情はリアルそのもの。読んでいて涙が止まらなくなる。by ぴよ (97)

バンビの手紙

3.14

487

6

発刊:2007.07.25

既刊1巻

作品情報ページ

2020/04/24。アンラッキーな女の子が幸せになりたくておまじないをすると、昔飼ってた鹿バンビに似た男の子が家に住み込みバイトにやって来て、ラッキーが沢山降ってくる。バンビが突然居なくなったのと同様に男の子も家を出て悲しむ。でも実はバンビはちょこちょこ家前に会いに来てたらしい。男の子も絶対会いに来るからっていう約束を手紙で送った。ハッピーエンド風で終了。 心が晴れやかに終わる結末でよかった。 この人は読みやすいよねー読み切りは妥協見って感じ。長編もまぁよしって感じ。オレンジは急に深く重くなったけど。青年だから?by nfqjc (573)

1

この作者に関する記事