押川雲太朗さんの作品の書影

押川雲太朗

ファンになる

作品数:6

ファンになる

プロフィール

押川 雲太朗(おしかわ うんたろう、1965年10月8日 - )は、日本の漫画家。兵庫県神戸市出身。「なにがなんでも阪神ファン」でデビュー後、近代麻雀、モーニング、漫画アクション、ヤングマガジンアッパーズなどに作品を連載する。博打の世界や博打打ちの生き様を描くことが多く、「メジャーなギャンブルは全部やってきた」と自称している。単行本巻末のおまけ漫画で自らのギャンブル体験や知人のギャンブラーの話が載っていることもあり、競馬の1レースに10万円賭けたというエピソードもある。また、フリー雀荘のメンバーの経験もある。熱烈な阪神タイガースファンで、作品の登場人物に阪神選手の名前をよく使う。また、別の作品に似た名前や顔の人物が登場するという、いわゆるスターシステムをよく用いている。これについては作品の後書き漫画で、「名前をつけるのがめんどう」「同じ役割をする人物なら同じ名前でもいいんじゃないか」「キャラクターを役者だと思っている」などと語っている。

押川雲太朗の作品

一覧

全てを失って逃げこんだ先は新宿の雑踏にある一軒のフリー雀荘。財布の中には小銭しかない。それでも俺は生きることを選択した。ここは戦場だ。戦場で戦わない者は殺されるしかない。★単行本カバー下イラスト収録★

『麻雀小僧』の書影

麻雀小僧

138

発刊: 2011.5.2 ~

既刊16巻

作品レビュー

まだレビューがありません

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...