水上悟志さんの作品の書影

水上悟志

ファンになる

作品数:12

山田邦明さん、他2人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

水上 悟志(みずかみ さとし、1980年2月20日 - )は、日本の漫画家。大阪府出身。大阪総合デザイン専門学校漫画学科卒業。男性。

水上悟志の作品

一覧
『惑星のさみだれ』の書影

惑星のさみだれ

4.02

9118

発刊: 2006.0.5 ~

完結・全10巻

雨宮夕日はごく普通の平凡大学生だった…ハズが、ある日現れた喋るトカゲに「地球の危機」を救う協力を依頼される。拒否するまもなく、既に指輪と能力が与えられ、早くも敵に襲われてしまった夕日を救ったのはなんとお隣さんの少女・さみだれ。彼女にはデッカイ企みがあった!?平凡な日常と奇妙な世界が交錯する新感覚ご近所ストーリー!!

『スピリットサークル』の書影

スピリットサークル

4.26

8020

発刊: 2012.11.1 ~

完結・全6巻

桶屋風太(フータ)は14歳の中学二年生。ダイキ、テツ、ノノ、ウミという4人の気のイイ友達に囲まれ、ちょっぴり霊視も出来たりして、父の言う所の無敵の中学生活を送っていた。ある日、石神鉱子という額の大きな傷を堂々とさらした美少女が転入してくる。フータは鉱子に一目惚れするが、彼女の背後霊イーストを視て、会話してしまったため以降の生活が一変してしまう……。「惑星のさみだれ」水上悟志がYKアワーズに満を持して放つ、現在・過去・未来が交錯する輪廻転生ファンタジー第1巻!!

『戦国妖狐』の書影

戦国妖狐

3.65

3334

発刊: 2008.7.6 ~

完結・全17巻

2000円以上で送料無料・プライム会員は全品送料無料。 中古品の為、多少の焼けがありますが通読に問題はございません。ご注文確定後すぐにAmazon配送センターより発送。 速達配送も可能です。 クレジットコンビニ支払い代引きでのお支払いも可能です。 万が一商品に不備がございましたら、返送料含めて全額返金いたしますのでご安心してご購入ください。 最後までお読みいただいてありがとうございます。

『プラネット・ウィズ』の書影

プラネット・ウィズ

3.41

2610

発刊: 2018.6.1 ~

既刊6巻

黒井宗矢少年はある事故から記憶を失い、不思議な家族と奇妙な生活を送っていたが、ある日突然サイキックとロボの戦いに巻き込まれることに!?水上悟志初のオリジナルTVアニメ作品のコミカライズ!興奮&感動必至のサイキックロボットアクション!

『水上悟志短編集「放浪世界」』の書影

水上悟志短編集「放浪世界」

3.63

2320

発刊: 2018.0.3 ~

完結・全1巻

少年の頃、世界の全てだった団地…でもそこは…!!? 出口も入口もない虚無の旅…その先に待つ衝撃の真実とは…。水上SFの新たなる金字塔「虚無をゆく」を含む全5作収録の待望短編集!!

『二本松兄妹と木造渓谷の冒険』の書影

二本松兄妹と木造渓谷の冒険

3.29

1293

発刊: 2018.0.3 ~

既刊1巻

機動すずめに追われていた少女「ねりね」は月夜の晩にある男女に救われる。根暗だけどバカ丁寧でお金にうるさい「朱彦」とハイテンションで雪を扱う妹の「雪緒」の2人は説得から退治まで怪異がらみの何でも屋・二本松兄妹だった!? 水上悟志の本格ファンタジーバトル!

『サイコスタッフ』の書影

サイコスタッフ

3.40

1252

発刊: 2007.9.6 ~

通常版・他1作品

平凡な高校生・柊光一はある日、桜木梅子から告白される。だが彼女は惑星ルルイエから来た宇宙人で、光一を宇宙戦争にスカウトに来たのだった!しかも彼女は光一を50億人に一人の超能力を持つ者だと見抜いていた。逃げる光一。執拗に誘う梅子。二人の運命は果たして…?水上悟志が描く日常SFついにコミックス化!!

歴史とヒトが凶暴なロボットを作り、そしてやがて長い年月とヒトが彼に何をもたらすのか…壮大なスペクタクルロマン短編集!

『エンジェルお悩み相談所 新装版』の書影

エンジェルお悩み相談所 新装版

3.43

1021

発刊: 2012.4.3 ~

既刊1巻

某公園には“天使の相談所”と呼ばれるベンチに座り、「天使さまお助け下さい」と三回となえると天使さまが悩み事を聞いてくれるという都市伝説があった!!剣とラッパを携えた怪しい風体の天使は果たして本物…!?2004年~2006年、芳文社『まんがタイム』及び、『まんがタイムジャンボ』にて掲載され、2006年に同社にて単行本化された、のんびりファンタジーが、要望にお応えして、少年画報社にて再刊行いたします!!

すべて表示(12)

作品レビュー

一覧

4.6

10巻まで読みました

ヤングキングアワーズで連載していたマンガです。
世界を滅ぼす悪いやつの送り出す12体の泥人形と戦うため、従者となるケモノに選ばれた12人の騎士と姫による戦いの日々を描いた作品です。

平凡な大学生「雨宮夕日」は、ある日、目の前に現れたしゃべるトカゲによって"トカゲの騎士"に選ばれます。
人間不信で何事にも無関心な夕日は、当然のごとく拒絶したのですが、町中で泥人形に襲われ、死を覚悟していたところ、姫「朝日奈さみだれ」に救われます。
彼女の内に秘めた目的と野望に触れた夕日は、さみだれの忠誠なる従者となることを誓う、という展開です。

ストーリーが進みつれて12人の騎士が順々に現れます。
獣の従者に選ばれた人間が騎士となるため、彼らの年齢、性別はバラバラで、それぞれに生活があります。
また、泥人形も現れる度より強大になってゆき、バトルは激化していきます。
姫と契約を交わす精霊(プリンセス)「アニマ」と、泥人形を繰り出し、空に浮かぶビスケットハンマーで地球を砕くことを企む魔法使い「アニムス」の知られざる過去。
そして騎士同士の人間関係、恋愛等も絡めながら展開する物語。

世界を守るため戦士たちが戦い、戦いを通して成長し、ついでにボーイミーツガールをやっちゃうよくような、ある王道ストーリーマンガのようですが、その通りであり、そうではないです。
空に浮かぶ巨大なハンマー、必殺技を叫びながら敵に斬りかかるバトルなど、どこか中二感が溢れているのですが、熱いマンガかというと、熱いのですが、一概にそうともいえないです。
命をかけた戦いを繰り広げていて、現実的にありえないことが起こっているのに、どこかおだやかというか、作中、独特の空気が流れています。
アニムスも飄々としたパジャマ姿の男性で、敵である騎士と世間話をしたり、騎士もどこか一癖あるメンバーが揃っていて、微妙に裏切ったり、やっぱり裏切ってなかったりしています。
伏線というと「伏線か?」となるのですが、さみだれの過去や全ての始まり等、キレイに終わらせて完結した感じがしました。
抑揚がないような雰囲気があり、人によっては読みにくいと感じる可能性がありますが、ハマるひとはハマる作品だと思います。
特に全てが終わったアフターストーリーでは思わず視界がにじみました。とても良かったです。

やや地味ですが、ファンの多い作品だと思います。
「10巻くらいで完結する面白いマンガないか?」 と聞かれたときには、本作を推したいような感じですね。
ストーリーが積み上げられてきて、最後に全体像を見て感動するような、見事な作品だと思いました。

惑星のさみだれ

レビュー(145)件

完結・全10巻

すべて表示(494)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...