田澤裕

wikiで検索

1

並び替え:

シングルマザーの夕月との恋愛を望んだフリーターの稜は、舞い上がって告白した挙句、奈落の底に突き落とされます。夕月は言います。「私は母親だ」と。そりゃそうですよね……。 舞い上がった分、痛手の大きい稜でしたが、夕月と息子の朝陽の様子を何度か見て、子育て以外のことを考えられないし、考えるつもりもない夕月の心情を理解します。 稜は夕月の息子・朝陽との交流をきっかけに、恋愛とは関係なしに、子育てに力を貸すようになります。 その過程で、稜は次第に優しさと頼もしさを獲得し、母子に安心を与える存在になります。この辺は見ていてワクワクするところです。最初にここだけ見せてたら、夕月も惚れてましたね……。 夕月の母性だか色気だかよくわからない甘い空気に酔いながら、母子家庭のリアルを伝え、母子家庭に他人が介入する可能性を考える材料として、広く読まれてほしい作品です。by あうしぃ@カワイイマンガ (5)

1

この作者に関する記事