二ノ宮知子

しゅうへい@ウナギス、Maco、他4人がファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

二ノ宮 知子(にのみや ともこ、1969年5月25日 - )は、日本の漫画家。埼玉県秩父郡皆野町出身、埼玉県在住。女性。血液型B型。1989年、『外国ロマンDX』(角川書店)に掲載の「London ダウト・ボーイズ」でデビュー。以後、『ヤングロゼ』(角川書店)、『Kiss』(講談社)などに作品を発表する。2004年、「のだめカンタービレ」で第28回講談社漫画賞少女部門を受賞。代表作はテレビドラマ化・アニメ化・映画化された「のだめカンタービレ」。

14

並び替え:

高級ジュエリー店のイケメン外商。得意先は名だたる名家からご近所まで。確かな目を持つ彼がどうしても叶わない人物…それは許嫁の質屋の孫娘。彼女には宝石に纏わる「物語」を感じる特別な能力があった… 何かといわく因縁の多いジュエリー。各ドラマと共にウンチクも沢山出てくるので、宝石の画像検索しつつ読むと楽しさ倍増! 石やジュエリーが好きなヒトには特におすすめ。by おおがらす (410)

◆こんな方にオススメ ・パソコンが好き ・努力する物語が好き ・ラブコメが好き スコアは該当する方へ ◆感想 ◎ストーリー ヒロインの不思議系の女の子がいるのですが、彼女が何を思い何を考えているのかがややミステリーで、そこに主人公の男の子が一生懸命アプローチするという物語です。主人公は努力して成長していくのでそこが気持ちいいのと、ヒロインのミステリーが「この先、どんな展開をするんだ?」と気になって、読み進めてしまいます。たぶんジャンルはラブコメですが、ミステリアスです。あとは話題がパソコン系なので、そういうのが好きな私は面白かったです。そういうのがわからなくてもわかるように描かれているので、大丈夫だと思います。そして最終回、謎だった重大なことが明らかになります「そういうことだったのかー!」。 ◎画 若干クセがあります。ちょっとだけ女性よりかな。by Rodan先生 (46)

言わずとしれた恐らく音楽マンガナンバーワンの知名度と売上を誇る作品。 マンガはもちろん、アニメの出来も半端なく、特にサントラが非常にこだわって作られており、途中 学園祭での千秋とシュトレーゼマンの演奏シーンは何度見ても鳥肌が立つぐらい素敵です。このゆったりとした妖艶なラフマニノフがとても好きになりました。 この原作はそれを補って余りある魅力に溢れてますね。by シン (877)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +