ちばてつや

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

ちば てつや(本名:千葉 徹彌、1939年1月11日 - )は、日本の漫画家。2005年からは文星芸術大学教授を務める。2012年7月から日本漫画家協会理事長。東京府(東京都の前身)出身、現在は練馬区在住。日本大学第一高等学校卒業。代表作に『あしたのジョー』(高森朝雄原作)、『あした天気になあれ』、『のたり松太郎』、『みそっかす』など。

62

並び替え:

復刻版 あしたのジョー

3.81

1166

27

発刊:----.--.--

完結・全20巻

漫画誌に残る金字塔。この内容を20巻に纏めるのが素晴らしい。丈、力石、葉子、段平、西、紀子など主要人物の関係性も明確で、モヤモヤ感が無い。丈の暴力性、非社会性、反社会性が、ボクシングを通じて少しずつ変化していく過程の面白さ。紀子との会話で「俺はね、紀ちゃん。ボクシングが好きなんだよ。紀ちゃんが言うような青春って奴とは違うかもしれないけれど、生きてるって実感するんだ。」(注:原文ではありません)と静かに本音を話す場面の深さ。最後に控え室での葉子の告白と行動、それに対する丈の応え。 真っ白になり、微笑みながら終わるラストのコマ。これ一枚で若者たちが論争するなんて、それだけでも凡百の漫画とは違います。by (89)

123

この作者に関する記事