花沢健吾

上野 雄大、ひきにく、他6人がファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

花沢 健吾(はなざわ けんご、1974年1月5日 - )は、日本の漫画家。青森県八戸市出身、東京都在住。

8

並び替え:

現代日本のあらゆる組織に潜伏し、密かに任務を遂行しているリアル忍者達の物語。「どこにでも居るが誰にも分からない、それが忍者」 ディティール描写が物凄い!!日常に潜伏している忍者のプロフェッショナルなカッコ良さ。犯罪者に人権は無し、その非情な恐ろしさ。 怖いけどワクワク!by おおがらす (419)

ゾンビに溢れた世界で、戦い生き抜くサバイバルパニック漫画。 誰が味方で誰が敵なのか判然としない感じが不安感を煽ってきます。 気味の悪さと爽快感で、一気に読み進められました。 人間のダメな部分を惜し気もなく全面に出してくる辺り、青年漫画らしくて好きです。 そして、今作でよく言われるラストについて。 感染症なのか侵略なのか、結局随所に散りばめられた謎に全く触れずに終わったのは消化不良ですが、あの鬱屈とした一種の虚しさを感じる何にもならない締め方も個人的には結構好きでした。 B級感というか、やりたいこと終わって後は読者に丸投げする感じは、わざとらしさを覗かせない。 謎の解明後に、エピローグで22巻のオチってのが良かった気もしますが。 by ヴァッハ (94)

作品情報ページ

ゾンビならぬZQNの描写、グロくて怖くて、人間らしさが残ってる化け物すぎて。 サバイバル環境下で懸命に戦う姿をただ描く作品というより、哲学的要素に溢れてた。 ただし、ラストはあれだね。投げたね。 誰が何と言おうと、あれは投げた。by 紳さん (11)

てっきりヒロインだと思ってた女の子の代わりぶりにめっちゃ衝撃を受けた。。。 わりとすぐ、絶望的な展開になるのでハラハラします。 ヒロインのことだけを思えば、アイアムアヒーローのラストにも近しいものを感じる。 by 紳さん (11)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +