永椎晃平

MDがファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

永椎 晃平(ながしい こうへい)は、日本の漫画家。男性。『マガジンSPECIAL』(講談社)2011年2月5日号掲載の「ぱんどら」でデビューし、2013年に『別冊少年マガジン』(同)で開始した『放課後ソードクラブ』で連載デビュー。『週刊少年マガジン』(同)誌上において『星野、目をつぶって。』を連載。

4

並び替え:

小説原作だから仕方がないのかもしれないが、語りが多くてたまに読むのが疲れる。しかし、小説らしく丁寧に伏線を回収していくところは読みやすいし読了感も良かった。 「最期の一生のお願い」からの「そばにいて」は美しすぎて心が締め付けられたし、ここのタイトル回収がなかなか巧みだった。by れとれとさん (672)

恋愛ものとしては薄い。各登場人物の成長物語の比重が高いのかと思いきや、終始すっきりとする展開でもない。むしろ「人はそう簡単に変われない」というテーマなのかもしれないけれど、なんにせよ自分には最後までテーマが掴みきれなかった。時折挟むギャグがこの漫画で一番光ってると思う。by lipton (61)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +