此元和津也

ヒマラヤワ、makokoがファンになりました。

wikiで検索

2

並び替え:

最初から途中まではただの河川敷でのおもしろすぎる会話。自分の高校の頃を思い出しながら二人の関係性がうらやましいとつくづく感じる。ちょこちょこ垣間見える内海の闇に対しての伏線回収の最後えぐすぎた。瀬戸は光や。最高の漫画やった。最後まで読んでほしい。この漫画に出会えてよかったby じゅりん (63)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +