高瀬理恵さんの作品の書影

高瀬理恵

ファンになる

作品数:6

ファンになる

高瀬理恵の作品

一覧
『公家侍秘録』の書影

公家侍秘録

355

発刊: ~

完結・全7巻

▼第1話/刀守り ▼第2話/公家荒らし ▼第3話/京の花闇 ▼第4話/びんぶく ▼第5話/古筆守り ▼第6話/幻術 ●登場人物/天野守武(小録の公家・日野西家に仕える公家侍にして、日野西家に代々伝わる名刀・粟田口久国を守る刀守り)、日野西薫子(日野西家の一人娘。いつもわがままを言っては守武を振り回している)、日野西晴季(日野西家の当主) ●あらすじ/扶持米だけで暮らしている貧乏公家・日野西家は、今でこそ無役だが、摂政・関白を務める五摂家の筆頭・近衛家の門流であり、その先祖は天皇のそば近くに仕えていたこともあった名門。そのときに賜った宝刀・粟田口久国は日野西家の一の家宝。それを譲ってくれと、避暑にでかけた貴船にまで押しかけてくる武家がいた。晴季はのらりくらりと適当にあしらってきたが、その武家が多くの貧乏公家からお役をエサに、家宝を巻き上げているという噂が耳に入った。早速、その家に調べに入った守武は、“薫子をさらって久国と交換させよう”という計画があることを知る… (第1話)

『江戸の検屍官』の書影

江戸の検屍官

3.10

318

発刊: 2010.11.6 ~

完結・全6巻

殺された者たちの無念の声を聞く…検屍の概念を江戸の捜査方が発揮したら…という斬新な視点から描く大江戸捕り物控え。同名人気小説を時代劇コミックの新星、高瀬理恵がダイナミックにコミック化!

ポルノ映画監督の“ウルス”と黒社会の殺し屋“レオ”出会うはずのない2人が出会った…。「定義のできない関係<コネクション>は存在してはいけないのか……」ミステリーボニータ(秋田書店)で連載され人気を博した『ヴィエンナ・コネクション』が、大幅に描き下ろしページを加えて待望の単行本化!!新人映画監督のウルスが受けたC級ポルノの仕事。しかしギャラ未払いに怒り心頭で制作会社に回収に向かうが、そこで待っていたのは、空のオフィスと銃を持ったマフィアたち!?慌てて飛び降りた窓の外には、凄腕の若き殺し屋 レオ が待ち受ける。ウルスは思い出す、最悪の占い結果だった己の星座と同じ名前【獅子座<レオ>】だと…。ウィーンの街で生きる二人の男。一人は若き映画監督、一人はマフィアに雇われた殺し屋。接点のなかった男達が出会い、それぞれの歯車が噛み合い回り始める――『江戸の検屍官』(小学館刊)で迫力かつ緻密な絵柄を描く、高瀬理恵の新たな才能の扉が開く。人々の絆をテーマにしたアクション・ヒューマンドラマここに開幕!

『暁の犬』の書影

暁の犬

229

発刊: 2020.3.1 ~

既刊2巻

『江戸の検屍官』高瀬理恵、最新作!!裏稼業・刺客! 暗殺の標的は、父を屠った因縁の兇敵!!ある日、壮絶な太刀筋を残す必殺剣の遣い手に小野寺佐内の父は葬られた。その四年後、父が営む道場と暗殺稼業を継いだ佐内にもたらされた依頼は――父を葬った刺客の暗殺であった。敵に対する怯えと恐怖に打ち克ち、佐内は父の仇を討つことがことができるのか。因縁の敵と対峙する本格時代剣戟、第1巻!!

『表具屋夫婦事件帖』の書影

表具屋夫婦事件帖

148

発刊: 2009.1.6 ~

完結・全1巻

▼第1話/胸の奥には ▼第2話/花籠にいっぱいの ▼第3話/隠しごと ▼第4話/聞こえてくるのは ▼第5話/めぐりあわせ ●主な登場人物/斎之介(いっきのすけ。京で表具屋を営む男。かつては公家・高丘家に仕える侍だった)、千香(斎之介の妻。貧しい公家・高丘家の妾腹の姫) ●あらすじ/斎之介夫婦が暮らす長屋に、新たに越してきた卯乃という女。扇子の絵付け職人をしているが、陰気な性格の上、夫婦約束をしている与四造という男が堅気風に見えず、長屋の住人に敬遠されていた。そんな折り、斎之介夫婦の素性を知った与四造は、卯乃に公家の娘である千香の名を騙らせて、良からぬ金儲けをしようと企み…? (第1話) ●本巻の特徴/貧しい公家の妾腹の姫として生まれた千香は、父の病の為に身売りし、祇園の女郎となる。幼い頃からなじんだ青侍・斎之介の身分を越えた愛と奔走によって身請けされた千香は、六角通りの町屋へ移り住み、斎之介と夫婦となって表具屋を始める。すると、これが中々の繁盛で…。

『首斬り門人帳』の書影

首斬り門人帳

95

発刊: ~

通常版・他1作品

『新装版 首斬り門人帳』の書影

新装版 首斬り門人帳

74

発刊: 2003.2.5 ~

通常版・他1作品

作品レビュー

まだレビューがありません

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...