水田ケンジさんの作品の書影

水田ケンジ

ファンになる

作品数:4

ファンになる

プロフィール

水田 ケンジ(みずた けんじ)は、日本の漫画家。

水田ケンジの作品

一覧

マナリア魔法学院に通う、竜族の王と人間との間に生まれた少女・グレア。その生い立ちと容姿から、彼女は竜の世界でも人の世界でも周囲になじめず孤立していた。だが、そんな彼女に興味をもった世間知らずで天然なマナリア王国の姫・アンと出会ったとき、彼女の運命が大きく動き出す――。『神撃のバハムート』人気エピソード「マナリア魔法学院」シリーズ、待望のコミック化!

『DEATH BALL』の書影

DEATH BALL

205

発刊: 2019.3.6 ~

既刊2巻

舞台はネオニッポン──美しき選手たちがなんでもありのハイパー競技『デスボール』で競い合う!ラフプレイでユニフォーム破壊!バットの替わりに武器使用OK!異能力の発動&超必殺技が炸裂!獣人やオニなどの魔族も選手登録可能!!元フィギュアスケート選手や剣士も参戦!?今、最もカゲキなチームスポーツが解禁される──「プレイ・デスボール」!HJコミックス4月の新刊は、ホビージャパンのセクシーバトルコンテンツ最新作【デスボール】のコミカライズです。フィギュアとコミックから始まる新しいメディアミックス企画第1弾としてお楽しみください!! 漫画の担当をするのは、「AKIBA'S TRIP」、「STEINS;GATE 亡環のリベリオン」、「神撃のバハムート マナリアフレンズ」といった名だたるコミカライズを担当した、水田ケンジ。熱血、お色気、美少女キャラクターといった、エンタテインメントの詰まった王道コミックとなっております。

『AKIBA’S TRIP』の書影

AKIBA’S TRIP

183

発刊: 2012.8.4 ~

完結・全3巻

2011年に発売されたPSPゲームを原作に、オリジナルエピソードを加えた公式コミカライズ第1巻。秋葉原を舞台に、普通の高校生だった主人公と、謎のヒロインが“カゲヤシ”と呼ばれる吸血鬼たちに立ち向かう!

阿万音鈴羽を中心とした物語

"シュタインズ・ゲート"の阿万音鈴羽を主役に吸えたスピンオフ。 α世界線 - SERNがタイムマシンを発明し、牧瀬紅莉栖がタイムマシンの母と呼ばれ、世界はSERNによる支配でディストピア化した世界で、阿万音鈴羽はSERNに抵抗するレジスタンス組織・ワルキューレに所属し、戦士として任についているところからスタート。 2010年へのタイムトラベルと、未来ガジェット研究所メンバーとの出会い、そしてIBN5100を手に入れるためさらに過去へ移動し、そしてそれからを描いた作品です。 序盤と終盤以外は、シュタインズ・ゲート本編をなぞっています。 また、視点は阿万音鈴羽のため、アトラクタフィールドを脱したかまでは描かれず、本作ではα世界線での彼女の役割のみが描かれています。 最後は岡部に託す終わり方になっているため、前提としてシュタインズ・ゲート本編は知っている必要があります。 序盤で2010年にタイムトラベルして以降は知っている展開でしたが、普通に面白かったです。 リーディングシュタイナーを持たない、阿万音鈴羽視点でのシュタインズ・ゲートを読むことができ、世界線を超えて戦ってきた岡部倫太郎の変貌ぶりなど、新鮮な感覚で楽しめました。 絵柄が、序盤はギャグのノリも含め微妙に感じていましたが、途中から描きなれてきたのか不自然さがなくなってきます。 序盤で合わないと感じても中盤頃までは読んでみるといいと思います。 ただ、本作ではオリジナルキャラクターとして、阿万音鈴羽を追って未来から来た伽夜乃というラウンダーが登場しますが、これがウーパの仮面をつけた制服の女子高生なんですね。 世界的な研究機関であるSERNの特殊組織であるラウンダーのヒットマンが若いJKでナイフ一本で暴れるって、作品によってはいいかもしてないですがシュタインズ・ゲートの世界観では違和感が凄いです。 急にマンガ的というか、普通に考えてナイフ一本じゃ銃に立ち向かえないので、こんなJKが戦場でフラフラしてたら即拘束だと思うのですが。 シュタインズ・ゲートのスピンオフとして読むと賛否があると思います。 ただ、私的にはシュタインズ・ゲートのヒロインでは阿万音鈴羽がお気に入りなので、そういった意味では、読めてよかったと思いました。

by うにたべたい (360)

作品レビュー

一覧

3.9

3巻まで読みました

"シュタインズ・ゲート"の阿万音鈴羽を主役に吸えたスピンオフ。
α世界線 - SERNがタイムマシンを発明し、牧瀬紅莉栖がタイムマシンの母と呼ばれ、世界はSERNによる支配でディストピア化した世界で、阿万音鈴羽はSERNに抵抗するレジスタンス組織・ワルキューレに所属し、戦士として任についているところからスタート。
2010年へのタイムトラベルと、未来ガジェット研究所メンバーとの出会い、そしてIBN5100を手に入れるためさらに過去へ移動し、そしてそれからを描いた作品です。

序盤と終盤以外は、シュタインズ・ゲート本編をなぞっています。
また、視点は阿万音鈴羽のため、アトラクタフィールドを脱したかまでは描かれず、本作ではα世界線での彼女の役割のみが描かれています。
最後は岡部に託す終わり方になっているため、前提としてシュタインズ・ゲート本編は知っている必要があります。
序盤で2010年にタイムトラベルして以降は知っている展開でしたが、普通に面白かったです。
リーディングシュタイナーを持たない、阿万音鈴羽視点でのシュタインズ・ゲートを読むことができ、世界線を超えて戦ってきた岡部倫太郎の変貌ぶりなど、新鮮な感覚で楽しめました。
絵柄が、序盤はギャグのノリも含め微妙に感じていましたが、途中から描きなれてきたのか不自然さがなくなってきます。
序盤で合わないと感じても中盤頃までは読んでみるといいと思います。

ただ、本作ではオリジナルキャラクターとして、阿万音鈴羽を追って未来から来た伽夜乃というラウンダーが登場しますが、これがウーパの仮面をつけた制服の女子高生なんですね。
世界的な研究機関であるSERNの特殊組織であるラウンダーのヒットマンが若いJKでナイフ一本で暴れるって、作品によってはいいかもしてないですがシュタインズ・ゲートの世界観では違和感が凄いです。
急にマンガ的というか、普通に考えてナイフ一本じゃ銃に立ち向かえないので、こんなJKが戦場でフラフラしてたら即拘束だと思うのですが。

シュタインズ・ゲートのスピンオフとして読むと賛否があると思います。
ただ、私的にはシュタインズ・ゲートのヒロインでは阿万音鈴羽がお気に入りなので、そういった意味では、読めてよかったと思いました。

Steins;Gate シュタインズ・ゲート 亡環のリベリオン

レビュー(3)件

完結・全3巻

3.0

3巻まで読みました

Steins;Gate シュタインズ・ゲート 亡環のリベリオン

レビュー(3)件

完結・全3巻

whさんのアイコン

wh

wataruh126
8ヶ月前

3.0

Steins;Gate シュタインズ・ゲート 亡環のリベリオン

レビュー(3)件

完結・全3巻

2.7

1巻まで読みました

神撃のバハムート マナリアフレンズ

レビュー(3)件

完結・全2巻

2.9

1巻まで読みました

神撃のバハムート マナリアフレンズ

レビュー(3)件

完結・全2巻

kgrさんのアイコン

kgr

biw0u0
3年前

3.0

神撃のバハムート マナリアフレンズ

レビュー(3)件

完結・全2巻

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...