作品数:23

泉信行さん、他2人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

吉住 渉(よしずみ わたる、1963年6月18日 - )は、日本の漫画家。東京都出身。本名は 中井 真里子(なかい まりこ)。女性で2人姉妹の妹。血液型はA型。星座はふたご座。筑波大学附属中学校・高等学校卒、一橋大学経済学部卒。一橋大学時代はテニス部に所属しており、1年後輩に楽天社長の三木谷浩史、2年後輩にインデックス(旧法人)の元代表取締役社長の小川善美がいる。

吉住渉の作品

一覧
『ママレード・ボーイ』の書影

ママレード・ボーイ

3.61

6845

発刊: ~

完結・全8巻

【ニッコリ笑顔の離婚宣言!?】小石川光希は、明るく元気な高校一年生。二組の両親の“入れ替え結婚”で、同居することになった松浦遊は、カッコ良いけど意地悪な男の子! ある日、遊が寝ている光希にキス!! 反発する光希だけど、遊の優しい素顔も見えてきて…どうしよ〜! 胸が高鳴るホップ・スキップ・コメディ

『ミントな僕ら』の書影

ミントな僕ら

3.43

3620

発刊: ~

完結・全6巻

ふたごの姉弟・まりあとのえるは大の仲よし。初恋の人を追いかけ全寮制の森ノ宮学園へ転入したまりあをとりもどそうと、のえるはとんでもない方法で森ノ宮へ…!!

『ママレード・ボーイ little』の書影

ママレード・ボーイ little

3.34

2865

発刊: 2013.10.1 ~

完結・全7巻

桐稜大学付属中学に通う松浦立夏。姉・光希と兄・遊はひとり立ちし、同い年の朔と父二人、母二人の6人暮らし。ふつうの家族だと思っていたけど実は結構、複雑みたいで…?

『ハンサムな彼女』の書影

ハンサムな彼女

3.29

2846

発刊: ~

完結・全9巻

中学生にして女優の萩原未央は、お隣に住むアイドル俳優・てるちゃんに片思い中。てるちゃんと親友の彩と一緒にドラマに出ることが決まって喜んでいたのに、てるちゃんと彩にはキスシーンが…。自分も別の俳優とキスシーンが決定し、ショックを受ける。芸能界サクセスラブストーリー、第1巻。

『ウルトラマニアック』の書影

ウルトラマニアック

3.29

1764

発刊: 2002.7.2 ~

完結・全5巻

亜由は架地くんに片思い中のフツーの女の子。そこへ自分の事を魔女だという「フツー」じゃない女の子・仁菜が出現。そして亜由と仁菜の不思議な毎日が始まった……。

『ちとせetc.』の書影

ちとせetc.

3.06

1195

発刊: 2010.1.4 ~

完結・全7巻

沖縄に住む高校生のちとせは、東京から遊びに来た幸翔とひと夏の恋に落ちる。どうしても彼のことが好きっ!ちとせは幸翔を追いかけて東京に転校するけど!?【収録作品】番外編:ちとせのマブイ

『ママレード・ボーイ 完全版』の書影

ママレード・ボーイ 完全版

3.40

1179

発刊: 2004.2.1 ~

完結・全6巻

互いの両親の“入れ替わり結婚”のため同居する事になった光希と遊。顔はいいのに、クールで意地悪。でも、たまにやさしい…そんなママレードみたいな遊に光希は次第にひかれて…。雑誌掲載時のカラー扉、カラーページを完全再現! 「りぼん」の表紙や口絵、ポスター、付録、特製品のイラストを多数掲載!

『スパイシーピンク』の書影

スパイシーピンク

3.00

838

発刊: 2007.7.5 ~

既刊2巻

遠藤桜・26歳。職業:少女漫画家――桜は、同じ漫画家の美園に連れて行かれた合コンで、美容整形医の是枝に出会う。第一印象最悪だった是枝と、なぜか付き合うことになった桜は…!?

『ランダム・ウォーク』の書影

ランダム・ウォーク

3.18

782

発刊: ~

完結・全3巻

高校に入学して新鮮な毎日を送っている優架。でもひとつだけ足りないものが…。それはステキな彼氏。そんな時、偶然出会った望くんに一目ボレして……。

すべて表示(23)

作品レビュー

一覧

4.0

5巻まで読みました

ママレード・ボーイの吉住渉作品。
氏の代表作の1つで、2クールでアニメ化もしていました。

魔法世界"マジックキングダム"から留学してきた落ちこぼれ魔女の「佐倉仁菜」が巻き起こす魔法少女ものです。
魔法の呪文とマジックアイテムが登場し、魔法の力で解決しようとするも逆に混乱を呼び起こしてしまうような展開になります。
よくある魔法少女もののフォーマットのようですが、"魔法"よりも登場する少年・少女たちの恋愛模様が主軸になっていて、よくある魔法少女ものに比べると、魔法がバレたときの対応も軽く、魔法によってまずい事態になるパターンも少ないと感じます。

主人公は魔女っ子の「佐倉仁菜」ともうひとり、「立石亜由」の二人です。
クールなキャラで後輩にモテる亜由は、仁菜の大切な魔法のアイテムを拾って特に事情も聞かなかったことから仁菜に気に入られ、魔法世界について打ち明けられます。
にわかに信じられない亜由ですが、仁菜は魔法を使ってみせて亜由はそれを受け入れ二人は親友になります。
魔法少女もので魔法アイテムが登場するアニメ化作品ですが、商品展開はそれほどされた記憶がなく、どちらかといえば高校生・大学生くらいのオタク男子が見ていたような印象がありました。
タイトルはウルトラマニアックですが作中のキャラクターでウルトラマニアは登場しないので、タイトルはりぼん連載の本作をチェックしている危ないお兄さんたちに宛てたのかなあと夢想してたりします。
(私も本作を友人におすすめしたとき「マニアックだ」と言われ、ハッとしました。)

少女マンガですが、キャラはかわいく、読みやすい良作だと思います。
全5巻と短いのも読みやすくていいと思うのですが、救済されず置いてけぼりになったキャラがいたり、だいたいの主要キャラが魔法世界を知りながらメインキャラの1人には最後まで秘密のままで、もやもやさせた状態のまま終幕したりしているので、もう少し続いて欲しかったなと思いました。
アニメは少しオリジナル展開があるそうなので、そっちだとオチをつけているのかもしれません。
機会があれば、アニメの方も見てみたいと思います。

ウルトラマニアック

レビュー(30)件

完結・全5巻

3.0

7巻まで読みました

きろく

ママレード・ボーイ little

レビュー(49)件

完結・全7巻

3.5

8巻まで読みました

好き切ない

ママレード・ボーイ

レビュー(137)件

完結・全8巻

4.3

8巻まで読みました

高校一年生の「小石川光希」は、仲が良いと思っていた両親に急に離婚することを告げられ、同時に別の離婚する夫婦とそれぞれくっつくという、非常識極まりない話を告げられる。
さらに、相手の夫婦にも「松浦遊」という光希と同じくらいの年の子供がいて、6人一緒に暮らすことにしたと言われ、大反発をするが、渋々認めることとなってしまう。
お気楽な両親たちに呆れながら、ひとつ屋根の下で暮らすことになった光希と遊は、次第に惹かれ合ってゆく、という展開です。

少女マンガ誌の『りぼん』で連載されていた少女マンガで、4クール放映予定だったアニメは好評で半年延長し、劇場版も作られた大ヒット作です。
『姫ちゃんのリボン』や『赤ずきんチャチャ』、『ご近所物語』等と同様、ある程度の年齢以上の方は知らない人はいない作品だと思います。
なお、アニメは1年半の全76話放映されていましたが、原作マンガは意外に短く、全8巻完結です。
その分、アニメはオリジナル要素が結構あったと記憶しています。
アニメだと遊はアメリカの大学に進学し超遠距離恋愛が始まるのですがマンガではその展開は無く、アニメで散々引っ掻き回し役をしていた「北原杏樹」など、一部キャラはアニオリだったりします。

恋愛関係、親戚関係が入り混じっていて、結構ドロドロしています。
少女マンガということもあってキスシーン以上の展開はさすがに無いですが、不倫や愛人、禁断の恋愛模様が描かれる、少し大人向けの感じがあります。
主人公たちも、高校生というにはませていて、そういったところが逆に当時の小中学生に受けたのかなと思いました。
三角関係やライバルキャラの登場があったり、サブキャラクターのストーリーが進んだりと、割と王道展開ですが、テンポが良くて読みやすいです。
絵もきれいで安定しており、今読んでも十分楽しめると思います。

名作ですが、ラスト近辺で遊の早とちりが起因して振り回される展開があります。
そこを気にすると話に起伏が無くなってしまいますが、どうしても大事なことなんだからちゃんと確認しなさいよと思ってしまいますね。

ママレード・ボーイ

レビュー(137)件

完結・全8巻

すべて表示(489)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...