柚庭千景

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

柚庭 千景(ゆにわ ちかげ、10月7日生)は、日本の漫画家。『月刊Asuka』2004年12月号より連載のあさのあつこ原作『バッテリー』でデビュー。日本ハムファイターズファン。コーヒーアレルギー。自身も相当の『バッテリー』ファンを公言しており、取材旅行で立ち寄った豪の実家のモデルとなった病院を背景に「若先生」姿を描いたり(コミックス1巻)、「豪は当初イガ栗坊主でころころしていたが『Asuka』的にNGだったので変更した(コミックス3巻あとがき)」、「どきどきしながら学ランを描いている」など、コメントを残している。ペンネームである「柚庭」の音は古典から(弓庭もしくは斎場か?)、漢字は自宅の裏が柚畑であったことから、「千景」は本名になっていたかもしれない名前であったと『Asuka』誌上のインタビューで述べている。「バッテリー」コミック6巻のあとがきで、青波のモデルは俳優の「K木R之介」(神木隆之介)と答えている。

2

並び替え:

1