僕が死ぬだけの百物語

的野アンジ

3.44

994

発刊:2021.08.12 〜

既刊5巻

『僕が死ぬだけの百物語(1)』巻の書影
『僕が死ぬだけの百物語(2)』巻の書影
『僕が死ぬだけの百物語(3)』巻の書影
『僕が死ぬだけの百物語(4)』巻の書影
『僕が死ぬだけの百物語(5)』巻の書影
kmさん、他2人が読んでいます

この漫画のレビュー

5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.44

52件の評価

4.0

1巻まで読みました

いろんなタイプのホラーが詰まったオムニバス。
各エピソードはガッツリ怖いです。ぐいぐい読ませる。
また構造的に面白いのが、「タイトルと実際の百物語、主人公の年齢と家庭環境」のギャップです。
記録によると百物語は「100個目を話してしまうと、怪異に見舞われるため99個まで語って朝を待つ」のが正式なやり方とされています。
しかし、本作一話目で「全部終わった時に本物の幽霊が出るんだって」と主人公が話しています。
さらに、毎話の始まりと終わりに挟まれるカットで、どうやら主人公の家庭環境が普通じゃないことがわかってきます。

ここでメタ的に、いくつか結末が予想できます。
① 本作は全十巻・全百話で構成されている?
②-1 100話目を話してしまって、怪異に見舞われて死んでしまう?(タイトル回収)
②-2 99話を話し終えて、最後の百話目で「家庭環境がもたらす災厄」で死んでしまう?(ある意味タイトル回収)
怪談を一つ語るたびに少しずつ主人公の家庭環境について話が進みますが、それが②-2の結末につながる終え方もあるので読者は読んでいる間ずっと気が抜けないんですね。

また本作をより怖く感じるのに一役買っているのが、
「主人公が小学校低学年という年齢上、客観的事実、いわゆる神の視点で見えるものが正しいかどうかがわからない」という部分です。
主人公の自室から聞こえる情報だけで想像するしかないのですが、ここがそもそもボヤけているのがより怖くしているポイント。
とても面白い作品です。最後まで追いかけたいと思います。

1

この漫画の詳細情報

出版社
ジャンル

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...