ヴァンピアーズ

アキリ

3.57

3311

発刊:2019.08.19 〜

既刊8巻

『ヴァンピアーズ(1)』巻の書影
『ヴァンピアーズ(2)』巻の書影
『ヴァンピアーズ(3)』巻の書影
『ヴァンピアーズ(4)』巻の書影
『ヴァンピアーズ(5)』巻の書影
『ヴァンピアーズ(6)』巻の書影
『ヴァンピアーズ(7)』巻の書影
『ヴァンピアーズ(8)』巻の書影
たこやきさん、他2人が読んでいます

この漫画のレビュー

5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.57

43件の評価

4.5

4巻まで読みました

このレビューにはネタバレを含みます。

流石のアキリ先生、とてたまな画風!
伝記的な雰囲気に美しく可愛らしい百合。ノリはコメディで軽快。好みにど真ん中の満漢全席みたいな作品です。

【1巻】
お風呂のシーンの効果音のフォントや、体育の授業の倒れた一花のアングルなど、何かと個性的な表現をする。
展開はベタなのに、丁寧な絵と伝記的雰囲気の魅力から記憶に深く刻まれた。

【2巻】
一花の変態性が顔を覗かせ始めた。何回キスすんねん。
絵と表現は今回も素晴らしい。デフォルメの存在感に、シャンプーの質感。特に驚いたのは、アリアの横顔。奥側の瞳までしっかりと描写されていた。描かないか、描いてもトーンをそこまで意識していない作品が殆どだが、とても丁寧に描写されていた。立体感が違う。

【3巻】
本格的に本編が動き出した。これからどうなるのかと気になるところで終わる。
いやそれにしても一花はいきなりエロくなった。なんて奴だ。どんどん百合描写も濃くなっていき、アキリさんの本領発揮と言った感じか。次巻も期待。

【4巻】
4巻はコメディ多めで、ストーリーはそこまで動かず。
アリアが明らかに大胆になってきて、一花とのイチャコラ描写が濃厚になってきた。
もっとやれー、もっとやれー。

1

この漫画の詳細情報

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...