この漫画のレビュー

5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.43

154件の評価

3.9

1巻まで読みました

ギャルのパンツ見たさに階段から転げ落ちて死んでしまった少年が、ドラゴンボールのヤムチャに転生してしまうという、今流行の異世界転生モノへのアンチテーゼではなかろうかというレベルでぶっとんだ設定の作品です。
設定は酷いですがこれで結構面白く、リリーダビリティーに優れた作品だと思いました。

ジャンプ+で連載されていた前・中・後編にプラスして、おまけマンガが2本収録されています。
生前主人公はドラゴンボールマニアで、よりによってヤムチャに生まれ変わってしまい当初は絶望するのですが、己が知識を総動員し来る運命に抗う姿は胸熱の一言です。
ヤムチャが起死回生を図る手として様々な策を弄するのですが、そのパワーアップ手段がドラゴンボールワールドのルール内なのが読んでいて楽しかった。
ドラゴンボールを読んだことがなければ意味がわからないと思うので、本作を読む前にドラゴンボールを、できれば覚えてるレベルで読んでいる必要があると思います。
内容的に知っている程度ではなく、ドラゴンボールファンに向けた作品だと感じました。
オタクの衒学趣味が香ばしいです。
なお、GTネタは無いですが、ドラゴンボール超ネタもあります。

作者のドラゴン画廊・リー氏は元は同人作家で本作も同人ライクな内容なのですが、十分ドラゴンボールの番外作品として完成度の高いものになっています。
また、絵が同人のレベルでなく鳥山明のタッチに忠実なので、設定がアレなのに違和感なく楽しめました。

12

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...