この漫画のレビュー

5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.36

55件の評価

4.0

6巻まで読みました

このレビューにはネタバレを含みます。

2020/05/14、6巻nt。エリート男が一途にアタックするのが羨ましくなる。一花が始めはただウザがってただけだが、徐々に一花の方からも亮に近づいて行くのが好きでニヤける。珍しいストーリーで面白い。4.5。
2021/08/30、7.8巻蔦谷レンタ。あれー時間空いたからか、現実が充実したからか、熱量下がっちゃった。初見の時は結構好きだったけど、今回はほうほう、くらい。ハッピーエンドでよかった。まぁ少女漫画で男グイグイで男悶えるスタンスあんま無かったから、凄い想われてて良いなって点では憧れ漫画。4.0

アニオタな普通の女子高生一花とイケメン高スペサラリーマン亮。遊び人な亮が階段から落ちそうになったところを一花が助けたことをキッカケに、亮は一花にガチ惚れ。女遊び一切辞め、猛烈アピールをする。一花はうざがっていたが、亮の優しさに徐々に惹かれる。6巻らへんでは同級生の男子に惚れられ告られる。その男子と亮を比較して亮に惚れてることを自覚。男子の告白を断る。亮の方も、同期から惚れられ告られてた。断ったけどまだ諦めてない。
7,8巻は、亮が、自分が想うことで一花が社会的な目とかで傷付くだろうとか1人で悩み諦めようとするが、やっぱ気にしない想い続けると悩み吹き飛ばし、同僚もしっかり振る。その後、一花の想いが表情に出て来て亮が勘づいて俺なんかじゃ駄目だとまた勝手に病む。また友達が慰めて、想い続けることを決意。そんな中一花も亮に避けられ悩んだけど逃げちゃ駄目だと決意し、駅で見つけて告る、くっ付く。亮と父親不仲説もジメ〜っと出てきてサラッと解決して終了。

1

この漫画の詳細情報

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...